Pinocchio展開催中!

10月7日(日)まで、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展しています!詳細はこちらから。

ワークショップレポート記事を2本書き、小さなお手製ノート作りを始めた-想造日誌

糸かがり手製本ノート作り

2017年11月13日の活動日誌。

ブログ

土曜日に開催したワークショップレポートと日曜日に参加したワークショップレポート記事。

ストレングスファインダーのワークショップは、毎回、驚くような発見がある。

自分のことだけでなく、参加した方々の意見を聞くことによって、人という世界が新たに拓けていく感じがしました。

日々、がっつりとした内容の記事を書かないので、たまに書くと気持ち良い。

それなりに時間がかかってしまうのが難ではある。

新企画 お手製ノート作り

糸かがり手製本ノート作り

糸かがり手製本のワークショップをきっかけに、自分の作品だけでなく、糸かがり手製本はん・ぶんこのノートを作っていきます。

表紙のデザインもいろんな紙を使って、インスタ映えを狙うぞ!

出来が上がり、お楽しみに!

Story Works/執筆

一文物語365

小説の執筆進行

ワークショップレポート記事に時間を費やしすぎたため、取り組めず。

まとめ

小説も書きたいが、時間がかかる。

ブログも書きたい。時間がかかる。

何かをやめるという方法もあるが、コツコツとやるのが今の私の心情。

時間がかかっても、続けていくのさ!

糸かがり手製本ノート作り



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。