MENU
水輝亭ルーム
小説ルーム Novel Room
一文物語 One Sentence Story Room
ブログルーム Blog Room
素僕ルーム Naturally Room

プロフィール背景画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

1年以上使用していないSNSやサービスのアカウントを削除。デジタル断捨離中!【素僕ライフログ】2020.7.15

Instagramのアカウントを削除した。

もう1年以上、投稿していない。月1回見ればいいほうで、まったく見ていないに等しい。

最近、使用していないアカウントやサービスをどんどん削除している。

というのも、パスワードを整理しているからです。

パスワードの管理は、アプリで管理しているから、覚えておく必要もない。アプリが整理してくれるから、そのままでもいい。

でも、使っていないアカウントやサービスもあって、デジタル断捨離を決行中である。

昔、仕事で使用していたものもずっとあって、ずっと保管しているのもちょっと気持ち悪くなってきていた。

その仕事から離れて5年以上経っていて、連絡も取っていない。もしかすると必要になるかもと思ったが、1回も聞かれることもない。

当然だ。引き継ぎをして、必要なデータは渡してある。何度か、データをなくした、書類をなくした、と言って、問い合わせがあったこともあったが、もうそれ以来ない。

それで、必要ないものは削除した。合わせて、自分がもう使用しなくなったSNSやサービスも消す作業も行なっている。

とてもスッキリして、身軽になっている。ただある、ただ持っているだけで、脳のリソースが費やされていると実感する。

いつか必要になると思って、何年経つものがあるだろうか。そのいつかは、来ない。

急に話は変わるが、一文物語のネタ探してをしていて、こんな文章に出会った。

これもある種、人を見る目の才能なのか。才能があったことを喜ぼう。

ただ、自分と比較するのではなく、その人の特徴として理解できるようにする力も必要だと思う。

目次

体調

2020年7月15日Fitbitの運動データ

睡眠:23:48就寝~7:23起床

運動:腰トレ、HIIT

雨でウォーキングに行けていない。ウォーキングとまでいかなくても、雨の中の散歩でもするべきか。

執筆・ブログ・創作

小説の書き出しスクリーンショット
ドラゴンの小説の第5話冒頭

なんと2ヶ月書かずにいた小説の執筆ができた。5行だけどね。

今まで1文字も書かなかった時に比べれば、素晴らしい出来事。毎日、小説を書く楽しさを味わいながら、習慣化しく。

ブログと一文物語は、順調に更新中。

あわせて読みたい
1年以上使用していないSNSやサービスのアカウントを削除。デジタル断捨離中!【素僕ライフログ】2020.7.15
1年以上使用していないSNSやサービスのアカウントを削除。デジタル断捨離中!【素僕ライフログ】2020.7.15Instagramのアカウントを削除した。もう1年以上、投稿していない。月1回見ればいいほうで、まったく見ていないに等しい。最近、使用していないアカウントやサービスをど...
あわせて読みたい
一文物語弐天零[2.007]/一連文物語サボテンデイズ
一文物語弐天零[2.007]/一連文物語サボテンデイズ【一文物語2.0 2020年7月】一連文物語 サボテンデイズ本作は、一文で完結しつつ、続きもののように読める一文物語彼女が仕事から帰ってくると、観葉植物たちが部屋から...

Notionに登録した本

1日1冊、所持している本をNotionにデータとして登録する作業

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法 著:本田晃一

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法 著:本田晃一 本の表紙

私の生き方や周囲のとらえ方を肌感覚で、変えてくれた本。

書店で、タイトルを見て、そんな分けないと思いつつ、ダメ元で購入した本。封がされていて、中身が見れなかったこともある。

変な期待をしなかった分、書いてあることを素直に受け止められた。

読書

精神科医が教えるストレスフリー超大全 著:樺沢紫苑

精神科医が終えるストレスフリー超大全 著:樺沢紫苑 本の表紙

基本編を読み終え、第1章へ。

とにかく規則正しい生活を整えることがストレスフリーの道。睡眠・運動・食事。

当たり前のことだけど、日々を豊かに生きたいから、改めて心がけていく。

小説「廃墟都市の復活 上」著:フィリップ・リーヴ

廃墟都市の復活 上 by フィリップ・リーヴ の表紙

3ページ読んだ。ずっと読めていなかったけど、昨日、手の届く場所に置いた。

ちょっとした時間に読めた。

今日もありがとう

2ヶ月書けずにあった小説を5行書けた。読み始めた本「ストレスフリー超大全」で、悩みを書くワークのおかげである。ありがとう!

小説が書けない悩みを書きつらねて、自分のマイナスと向き合った私にありがとう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる