正解の服を教えて!毎日コーディネート塾という本を読んで、まずはズボンを選ぶことが重要だった!

毎日コーディネート塾の本

毎日、朝起きて、服を選ぶのがわりとしんどいほうである。

まず、気温を考え、色の組み合わせを考え、どれを着ると気持ち良いか、見た目は変じゃないか……。

朝から、服のことを考えるのが嫌である。
服もユニクロで良さそうだなと思って適当に買ってしまうため、あとあとどう着たらいいのかわからない日々を繰り返している。

それこそ、スティーブ・ジョブズのようにジーンズとタートルネックのシャツのように、繰り返していけたらどんなに楽だろうか。

かといって、自分にピッタリ合う服探しをするわけでもない。興味すらないので、正直どうしようもない。

数年前までは、見かねた母親が、時々何か買ってきてくれた。
けど、結局、どう着ていいのかわからないので、だんだん着なくなったり……。ごめんなさい。

毎日コーディネート塾という本を読んで

以前から、私服の制服化を試みてはいるがしっくりきていない。この春の衣替えで、もう着ない服を捨てて、やっとありもので循環できる流れを作ることはできた。

まぁ、好きだなと思える服が残った。
ただ、家にいる時はそれでいいが、外に出た時は、もう少しいい感じがいい。

だが、そのいい感じがわからない。

初めて、服に関する本を買った。

メンズファッション雑誌すら読んだことすらない自分にとっては、目からウロコの内容だった。

服選びにロジックがある

オシャレに必要なのは「センス」でも「お金」でもなく「ロジック」である。

おぉ、服選びにロジックがあるか!と、驚愕するほどだ。

いくつかある原則の中で、衝撃的だったのは、

服は「ボトムス」から揃える

考えたことなかった。

全身の印象を整えるのはボトムスの役割らしく、ボトムスが決まっていることで、トップスは手持ちのカジュアルなものでも合わせすくなる。

確かに、Tシャツやらシャツやら上のことしか考えていなった。

では、どんなボトムス、ズボンがよいのか。

土台となる黒と足首が細めのズボン

黒のスキニーデニム黒のスラックスがオススメとのこと。

ユニクロの「スキニーフィットテーパードジンズ」は、膝から裾にむけて細くなり、美脚シルエットに効果的。

スラックスだと、ユニクロの「イージースマートスタイルパンツ(ウールライク)」が、やはり裾に向かって細くなるため、きれいに見えるそうです。

このオススメのズボンを知っただけでも、服を考えるのが楽になりました。

自分でいうのもなんですが、黒のズボンを履いて今ある服をあわせた自分を想像しても、そんなに悪くないな、と思えました。

裾に向かって細く、黒のズボンという判断基準を得たので、ズボン選びも悩むことも無くなりそう。

あとは、履いてみて、自分に合えば良いのだなと感じました。

まとめ

他にも靴やトップスについても、アイテムが紹介されていました。しかし、基礎中の基礎、ボトムスのロジックを知っただけでも、服選びに悩まなく済むんだなと思うことができました。

ポイントは、

  • 服は「ボトムス」から揃える
  • 土台となる黒と足首が細めのズボン

ズボンを揃えて、私服の制服化を整備していきたい。

毎日コーディネート塾の本



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。