書いた文章を確実に読んでくれる1人がいれば、文章を書いていける!

2020 3/30
書いた文章を確実に読んでくれる1人がいれば、文章を書いていける!

文章を書く時に、悩んでなかなか書けないことがあったりします。

私の場合は、ブログや小説です。

読んでくれなくても書ければ満足と、強気に思っていても、どこか寂しく続きません。

書ける読まれるようになる文章術や考え方を調べると、本やネットに多く紹介されています。

私は、今になって、ようやく1つわかったことがありました。

それは、確実に文章を読んでくれる人が1人いるだけで、文章が書けるようになること。

書けるようになる、は誤解を招きそうですが、その1人のために書こうと思えて書いていけると言う意味合いです。

目次

確実に読んでくれる1人の人に向けて書くといい

書くことは孤独です。

文章が書けなくなって、書けるようになる方法を探し出します。

すると、

  • 1人の人に向けて書くといい
  • 自分が読みたいものを書く
  • 3年前の自分に向けて書く
  • 読者を意識しない

など、書く時の意識をたくさん目にします。

今回、私が実感したのは、1人の人に向けて書くことが、とてもこのことに近いです。

ただ、ぶっちゃけると、1人の人に向けて書いても、読まれなければ意味がない。

ましてや、その人に向けて書いているのに、本当にその人が読んでくれなければ、意味ないんじゃないかと。

ネットにアップしてもいかせん読まれない。

せっかく書いたのに、全く読まれないと、かなりショックを受けます。書いていた時間が無駄にすら感じられてしまいます。

だから、確実に読んでくれる人が1人いればいいのです。

確実に読んでくれる人がいることが、孤独でも孤独を感じずに一番筆を進ませてくれる。

そして、言霊のこもった文章が生まれます。

確実に読んでくれる人を作る

小説を書いていて、公開する前に読んでもらえる機会をいただきました。

「読むよ」と、言ってくれた。

機会に恵まれ、2人もいる。

1人は、面白いと言って心待ちにしてくれている人。
1人は、文章をより良いものにしようと的確な改善点を言ってくれる人。

面白いは嘘ではなく、本当に言ってくれる。つまらなければ、つまらないでいい。

でも、読んでくれます。そして、その方自身の感想を伝えてくれる。

また、文章や作品の意図をしっかりわかった上で、全体の印象や改善点まで考えてくれる人がいることで、より読者への意識も強くなります。

信頼してフィードバックを返してくれる人がいるということが、こんなにもこの上なく心強い、と気づきました。

昨今のSNSで何かしらの反応をもらいにいくのとは、別次元に違う読まれ感です。

まとめ

文章を書く時、確実に読んでくれる1人に向けて書けばいい。

ブログでも小説でも、その1人が楽しんでもらえるように書こうすれば、しっかり書こうと思えてきます。

確実に読む人を1人作る。

これは、文章を書くこと以外にも言えるとも思えています。

孤独に何かをしなければならない時、確実にそれを見てくれる人がいることが、大事な要素の1つになることを。

もし、ブログが書けない、ブログのことで悩んでいたら、ブログカフェに参加しませんか?

ブログカフェで、孤独な作業になりがちなブログの更新作業を、集まって一緒にやりませんか?

ブログカフェVol.2 オンライン開催

第2回ブログカフェをオンラインで開催します。

2020年3月31日、13時〜16時くらいまで。ブログに関する相談や、記事を読んで感想をもらいたい、などでもOK!

参加方法などは、ブログカフェのFacebookイベントページへ。

ブログカフェFacebookページで、開催予定やブログカフェの様子を更新してます。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる