手製本制作のための裁断道具の材料

手製本制作のための裁断道具の材料

昨日、設計図を書いて、早速、その材料を買ってきました。

コルクにも、厚さや種類があったのは知りませんでした。
またシート状で販売されているんですね。
コルクシートは、厚さ3mm。

当初と違う材料は、アクリル板。

アクリル板だと、自分で加工しにくく、小さな穴をひとつ空けるのにお金がかかる。
躊躇してしまった。

そのため、自分でできる素材を探して、厚さ1mmのPET樹脂板ならカットすることも、穴あけもできそうだったので、選んできました。

板 板とカッターマット

台の下地となる板は、9mm。
家でノコギリでカッターマットサイズに合わせて切りました。
たまにノコギリを使うと楽しい。

今日の作業は、ここまで。

 

作業が進んだら、またブログにします!

手製本制作のための裁断道具の材料



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。