MENU
プロフィール背景画像
水島一輝の画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

豊かさ、という心の木

豊かさとは、なんだろうか。

そんな疑問が浮かんだ理由は、小説を書くビジョンを決めた時でした。

小説を読む人の想像を豊かにし、人生も豊かにする。私自身も想像を豊かにし、人生を豊かにする。

私が小説を書くビジョンは、読む人の想像を豊かにし、人生を豊かにする!そして、自分も! より

この中に、4つも「豊か」が出てきます。

私が思う豊かさとは、なんだろうか、と思うにいたりました。

私の中にあった豊かさは、心の中で、木を大きく育てていくことのようにイメージが湧きました。

目次

豊かさ、という心の木

地にがっしり根を張ります。

太い幹を空へ、天へ伸ばします。

地球を包み込むように枝葉を広げていきます。

そして、宇宙をも包み込みます。

私自身がそんな木であるように。

別に動けなくても、あらゆる方向に伸び広がる枝があれば、いい。

不動であることが、どこか安心感を与えるもののよう。

ただ、そこにいるだけで、何もしていないかもしれない。

休んでいるだけかもしれない。

ゆっくり創世しているかもしれない。

時に、枝にとまる鳥たちがいる。

巣を作ったり、できた実を食べるものもいる。

ただ、あるがままに、そこにいるだけでよかった。

もし、枯れてしまっても、落ちた枝葉が地に還る。

幹の空洞を何者かが住まいにするかもしれない。

残った物に、残ったものが何かを見出すかもしれない。

そこにあり続けなければ、そうならない。

私という木

変化が取り囲んでいても、根と太い幹でしっかり立て居られます。

軸は折れず、あらゆる方向に枝を広げておけば、様々な変化も見ることができます。

様々な方向に、まっすぐではないかもしれない枝を伸ばしているかもしれません。

大きさや形が不揃いの、たくさんの葉があるかもしれません。

枯れて落ちてしまうかもしれません。

でも、遠くから見ると一本の木です。

その幹、その芯は、自分であり、変わることはありません。

そんな木のように、心が成長できることが、とても豊かに思えるのでした。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる