ライフスタイルに日本文化を取り入れてみたい

日本茶を入れているところ

英語とビジネスができればグローバル人材なの? : ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。 という記事を読んで、2018年は、ライフスタイルに日本文化の何かを取り入れたいと思いました。

記事にあるグローバル人材になりたいとかではなく、純粋に日本に住んでいるのだから、日常的に日本の文化に触れて見たいと思いました。

今までこう言った切り口が私にはなかったので、とても新鮮で、自分なりの答えを見つけたいと思いました。

取り入れたところで、何がどう変わるのか全くわかりません。

しかし、新しい何かに気づけるだろうと思ってもいます。

ただ、日本文化とは何かと言われると、それがまだわかりません。

日本文化を日常に取り入れようにも、自分自身どれがいいかも考えられていません。

自分の周囲を見渡して、これは日本のモノと言えるものがパッと見当たるものといえば、日本茶を飲むことくらい。

私は、普段から日本茶を飲んでいるので、これも一つの文化。これ以外にも取り入れたいとは贅沢な話かもしれません。

でも、新しく触れて見たいと思っているのです。

俳句を読んでみるとかが簡単そうで、できそうです。
畳の部屋に住んでみるとかもありでしょう。

まずは、自分なりに日本文化とは何かを探して行くところから始めたいと思います。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。