Limit Login Attempts Reloadedで、WordPressのログイン試行を防いで、セキュリティーをアップ!

Wordpressログイン画面

WordPressのログインページは、詳しい人なら簡単にアクセスできてしまいます。

そして、何度もログインを試そうとするパスワード総当たり攻撃をされて、ログインされてしまいかねません。

Limit Login Attempts Reloadedは、ログイン失敗回数を設定して、アクセスを一時的に遮断してくれるプラグインです。

インストール

Limit Login Attempts Reloadedのプラグインインストール

プラグインの追加画面で、Limit Login Attemptsで、検索すると、プラグインが出てきます。

インストールボタンをクリックして、インストールします。

Limit Login Attempts Reloadedのプラグイン有効化

インストールされたら、有効化ボタンをクリック。

設定は、デフォルトでも可

Limit Login Attempts Reloadedのプラグイン設定

設定画面は、[設定]メニューの[Limit Login Attempts]をクリック。

基本的な設定は、デフォルトのままでも大丈夫です。

  • ロック設定
    • 4回ログインを試行
    • 20分ロック
    • 4回ロックしたら、24時間試行させない
    • 再ログイン試行まで、12時間
  • 通知
    • ロックのログを取る
    • 4回ロック後、管理者にメールを送信

規定回数ロックされたら、Wordpressに登録してあるメールアドレスに、その報告が送信されます。

Limit Login Attemptsは、開発終了していた

Limit Login Attemptsのプラグインは、開発終了

紹介したプラグイン「Limit Login Attempts Reloaded」は、「Limit Login Attempts」の後継です。

「Limit Login Attempts」は、5年以上更新されていませんので、新しいものに変更しましょう。

とは言って、私も「Limit Login Attempts」の記事を書こうと、調べて知りました。

慌てて、Reloadedのプラグインをインストールしました。

特にトラブルもなく、動いてくれていたので良かったです。

まとめ

「Limit Login Attempts Reloaded」は、ログイン試行を制御できるプラグインです。

もし、海外からのアクセスや特定のアクセスを遮断してくる機能がないサーバーを利用していたら、入れておきたいプラグインです。

合わせて読みたい関連記事

記事カテゴリの整理をして、自分を俯瞰するように見えた。ブログカテゴリは自分の要素。

初心者向け!使いやすくて低価格、高速、安心のWordPress向けサーバーおすすめ4選!

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。