MacのNumbersで、セルに写真を埋め込む方法!

MacのNumbers セルに写真を埋め込む方法!

Appleが開発している表計算ソフトNumbersで、セルに写真を埋め込むことができることを知りました。

写真付きのリストを作ろうと、写真をドロップ&ドロップしたら、たまたまセルに埋め込まれたので、知ることができました。

読み込んで、配置調整するより楽だと気づけて良かった。

セルに写真を埋め込む方法をご紹介します。

Numbersのセルに写真を埋め込む方法

Numbersのセル

写真が入るようなリスト表を作ります。写真を埋め込みたいセルを選択します。

セルの塗りつぶし設定

フォーマットのセルのタブを表示します。表示された[塗りつぶし]設定のタイプを変更します。

セルの詳細イメージ塗りつぶし

[詳細イメージ塗りつぶし]を選択します。

詳細イメージ塗りつぶし設定の画像選択

[選択]ボタンをクリックすると、ファイルブラウザが開くので、埋め込みたい写真ファイルを選びます。

詳細イメージ塗りつぶしで、画像を読み込んだところ
詳細イメージ塗りつぶしの幅に合わせる設定

[塗りつぶし]設定に写真が埋め込まれました。セルに表示するタイプがいくつかあるので、[幅に合わせる]を今回は選択しています。

Numbersでセルに写真を読み込んだところ

セルに写真が表示され、埋め込まれています。

詳細イメージ塗りつぶし設定のカラー設定

セルの初期設定で、写真に青色が重ねられてしまっているので、青色をとります。カラー設定をクリックします。

詳細イメージ塗りつぶしのセルのカラー変更

カラーパネルが表示されます。

不透明度変更スライダー

不透明度のスライダーを左に動かして、[0%]にします。

Numbersのセルに写真を埋め込んだところ

セルの写真が本来の色で表示されるようになりました。

ただし、セル内で、写真位置を変更することはできないようです。

Numbersの表に写真を配置したところ

しっかり写真位置を決めて配置する場合は、イメージの配置で設定した方が良さそうです。

まとめ

セルの[塗りつぶし]設定を、[詳細イメージ塗りつぶし]にすることで、セルに選択した写真を埋め込むことができます。

リスト形式の表を作る場合には、写真を配置するより楽かなと思いました。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。