第二十六回文学フリマ東京に出店します!

2018年5月6日(日)に開催される文学フリマ東京に出店します!一行小説をメインに、新タイトルのポケットに入る小さな手製本や2017年集BOX、一文物語ベストセレクション冊子を展開していきます!詳細はこちらから。

Tap Forms 5はMacで手軽に使える機能十分なデータベースアプリだったので、Filemakerから乗り換えました!

TAP FORMS

MacのデータベースソフトFilemakerを使用していたのですが、アップグレードも決して安い費用でもなく、使用してみてそこまで高機能でなくても良いと感じました。

Filemakerからデータベースを乗り換えようと、Macで手軽に使えそうなデータベースアプリTap Forms5を見つけました。

日常で使えそうな豊富なテンプレートもあり、FilemakerでできていたこともTap Formsで再現できたので、サクッと乗り換えました。

複雑なリレーションはできませんが、柔軟な検索とエクスポート機能もしっかりあり、高機能なFilemakerでなくても十分だと思いました。

この記事では、Tap Formsでどんなことができるのかをご紹介します。

目次

Tap Forms Organizer 5 Database

Tap Forms5の説明画像

Tap Forms5は、アカウント情報やレシピ、在庫、画像、見た映画や本の履歴、ワインコレクションなどなど、様々な情報を管理することができます。

Tap Forms5の説明画像

フォームエディターがあるので、好きなレイアウトで情報を並べることも可能です。

Tap Forms5の内蔵テンプレート

33種類のテンプレートが用意されているので、簡単に入力して管理して行くことができます。

Tap Forms5の説明画像

カレンダーや地図で、視覚的に情報を管理することもできます。

Tap Forms5の説明画像

バーコードが生成できたり、柔軟にデータの検索ができます。
表計算ソフトでは、なかなか管理しづらいものも簡単に、Tap Formsには取り込むことができます。

Macだけでなく、iPhoneやiPad、Apple Watchにまで、データを共有することができます。どこにいてもデータを管理できます。

iPad版は、こちら↓

CSVファイルやBentoのテンプレートも簡単にデータの取り込みができる

Tap Forms5のcsv取り込み

csvだけでなく、エクセルやNumbersも読み込みに対応しています。

Tap Forms5で、Bentoの取り込み

開発が終了してしまっているBentoのデータも取り込めるようです。

データの計算、柔軟な検索、エクスポート

Tap Forms5の計算フィールド

Filemaker同様、計算フィールドがあるので、データを加工することができます。

Filemakerほど関数は揃っていませんが、十分使えるはずです。

Tap Forms5の検索機能

検索条件もわかりやすい画面で、簡単に条件を設定できます。

Tap Forms5のエクスポート設定

レコードの書き出しもわかりやすい画面で、必要なデータだけを書き出すことも可能です。

フリートライアル版ダウンロード

tapformsのWebサイトのトライアル版ダウンロード

Tap FormsのWebサイトからダウンロードできます。

トライアル版は、10日間使用できます。

正規版の購入

トライアル版から正規版にする場合は、本家サイトからライセンスを購入する必要があります。

日本語ページがないので、全て英語となります。

私は、簡単に済ませるために、App Storeで購入しました。

App Storeから購入する場合は、念のため一度トライアル版を削除してから購入しましょう。
(トライアル版を削除後、Mac本体も再起動しています)

まとめ

Filemakerに比べると安いですが、それでもお安い値段ではありません。しかし、表計算ソフトとは違い、ビジュアル面でも使い勝手が良く、データは管理しやすいです。

普段のデータ管理に使えそうなテンプレートが、内蔵されているので、初心者の方でもわかりやすいと私は感じました。

独自にフォームも作れるので、柔軟性のあるアプリケーションでもありました。

ただし、Filemakerでできても、Tap Formsではできないこともあるので、トライアル版で試してから乗り換えの検討をオススメします。

私は、特にデータの計算と柔軟な検索、書き出し機能が十分に使えるものだとわかったので、Filemakerから乗り換えました。

関連記事

TAP FORMS



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。