Tap Forms 5の計算フィールドで文字数をカウントさせる関数設定!

計算フィールド設定文字数を算出する

Tap Forms 5で、テキストの文字数を計算する関数設定方法をご紹介します。

ここでは、Filemakerから書き出したcsvファイルをインポートして、そのフォームを使用しています。

もともとFilemakerで作成してあった文字数というフィールドを使用します。

目次

計算フィールドの設定

Tap Forms5のレコード表示画面

Tap Formsの画面右側に表示されるフォームインスペクターで、設定を行います。

Tap Forms5の計算フィールド設定

もともとある[文字数]というフィールドに、[本文]フィールドにある文字数を表示させます。

文字数フィールド名を選択し、[タイプ]をクリックして、フィールドタイプを変更します。

新規にフィールドを作成する場合は、[+]をクリックして新規で[計算]フィールドタイプにします。

Tap Forms5の計算フィールド設定

表示されたリストから[計算]を選択します。

Tap Forms5の計算フィールド設定の警告文

フィールドタイプ変更の警告文が表示されます。
ここでは、計算フィールドにするので、もともと入力されている値が消えてしまっても問題ないので、[フィールドタイプを変更]ボタンをクリックします。

Tap Forms5の計算フィールド設定

文字数のフィールドが、[計算]フィールドに変更されました。

LENGTH関数の設定

Tap Forms5の関数設定画面

画面下をスクロールし、関数設定を表示させます。

[編集]ボタンをクリックします。

Tap Forms5の関数設定画面

関数の編集画面が表示されます。右側の関数一覧からテキストの[LENGTH(A)]を選択します。

そして、赤枠の「<」をクリックします。中央の入力画面に関数が追加されます。

Tap Forms5の関数設定画面

中央の関数入力画面に、追加された関数の「A」の値に、カウントさせたいフィールド名を入れます。

ここでは、[本文]フィールドを値として、設定していきます。

Tap Forms5の関数設定画面

①の[本文]フィールドを選択します。

次に、②の箇所の値「A」を削除し、カッコ内にカーソルを起きます。

③の「>」をクリックして、[本文]フィールドの値を追加します。

Tap Forms5の関数設定画面

LENGTH( 本文 )となり、これで本文の文字数を数えてくれるようになります。

ちなみに、左下にある「一度だけ計算をして下さい」にチェックをつけると、設定した直後一度だけ文字数を計算し、以後、本文を編集してもリアルタイムで計算しないようになります。

ここでは、チェックせず、[保存]ボタンをクリックします。

Tap Forms5のレコード表示画面

これで、[文字数]フィールドに[本文]フィールドの文字数の計算式が設定され、文字数が算出されます。

まとめ

文字数をフィールドで計算させたい場合は、フィールドタイプを[計算]に設定した後、LENGTH関数を使用することで、文字数を数えることができるようになります。

基本的に関数の設定方法は、この記事で紹介した通りです。応用がきくので、試してみて下さい。

関連記事

計算フィールド設定文字数を算出する



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。