第二十六回文学フリマ東京に出店します!

2018年5月6日(日)に開催される文学フリマ東京に出店します!一行小説をメインに、新タイトルのポケットに入る小さな手製本や2017年集BOX、一文物語ベストセレクション冊子を展開していきます!詳細はこちらから。

Tap Forms 5の計算フィールドで、記号などを文字として認識させる方法!

計算フィールドで記号を文字として認識させる

Tap Forms 5で、別のフィールドデータを読み込んで、そこに任意の文字を追加したい場合があります。

単純に文字を入力しただけでは、文字としては認識してくれません。

ここでは、計算フィールドに、記号などを文字として認識させるする方法をご紹介します。

この記事の例では、本文フィールドにある一文の前後に、「☆」のマークを追加して、別のフィールドに表示させてみます。

目次

新規フィールドを作成して、計算フィールドに設定

Tap Forms5のレコード表示画面

本文というフィールドとは、別に新規に計算フィールドを作成します。

Tap Forms5のフィールド設定画面

右側のフォームインスペクターの[+]ボタンをクリックし、新規フィールドを作成します。

Tap Forms5のフィールド設定画面

新規フィールドのタイトルに、ここでは「本文ex」とつけます。

そして、フィールドタイプのメニューをクリックします。

Tap Forms5のフィールド設定画面

リストの中から、[計算]を選択します。

フィールドタイプ変更の警告文

フィールドタイプ変更の警告文が表示されます。ここでは、問題ありませんので、[フィールドタイプを変更]をクリックします。

すると、新規フィールドが計算フィールドに変更されます。

計算フィールドで、文字を認識させる

Tap Forms5の関数設定画面

本文exフィールドのインスペクター下をスクロールし、関数設定の[編集]ボタンをクリックします。

Tap Forms5の関数設定画面

関数編集画面が表示されます。

①の本文フィールドを選択し、②「>」をクリックして、本文フィールドを関数入力画面に追加します。

追加された本文フィールドの前後に、「”☆”」と「+」を入力します。

“☆” + 本文フィールド + “☆”

「”☆”」では、「” “」に挟まれた文字は、単独で文字として認識されます。「” “」で挟み込まないと、文字として認識されないの注意してください。

「+」の演算記号は、数字の計算だけではなく、前後を連結する機能もあります。
③のそれぞれのボタンをクリックすると、追加できます。

入力を終えたら、右下の[保存]ボタンをクリックします。

Tap Forms5のレコード表示画面

本文exフィールドに、本文の前後に☆マークが追加されて、表示されるようになりました。

まとめ

計算フィールドで、文字として認識させるには、認識させたい文字を「”」ダブルコーテーションで囲みます。

そして、演算記号の「+」をつけることで、連結させることができます。

これで、オリジナルのデータはそのままに、別フィールドに計算させたデータを表示することが可能となります。

関連記事

計算フィールドで記号を文字として認識させる



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。