手製本制作 一文物語365 2016年集 挿絵画像の配置作業

一文物語365 2016年集 InDesignで挿絵画像の配置作業

一文物語の2016年1年間分を一冊にまとめた本の制作。

誤字脱字のチェックが終わって、ページ数が確定しました。
手製本にしたいページ数には、余裕があるので、挿絵を配置しました。

ひと月ごとに9枚、挿絵を選びました。
一枚一枚に思い入れがあるので、全部載せたかったけど、スペースの関係上セレクトしました。

一文物語365 2016年集 InDesignで挿絵画像の配置作業

全部の挿絵が見たい方は、手製本の一文物語365 星を見ていただくか、サイト内の一文物語蜜集に全文と挿絵をアップしていますので、こちらをご覧ください。

現在、制作している2016年集は、秋頃完成予定です。

販売も予定していて、11月に開催される文学フリマ東京にも出店しますので、実際に手にとってもらえる機会となります。

引き続き、制作の進み具合をブログにてアップしていきます。

完成をお楽しみ!

[kanren postid=”1458″]

[kanren postid=”166″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。