第二十五回文学フリマ東京に出店します!

2017年11月23日(木・祝)に開催される文学フリマ東京に出店します!一文物語はもちろん、その他に、新時代Web文学表現研究や手製本、小説に関することを展開していきます!詳細はこちらから。

一文物語365 新作はん・ぶんこ本番用紙は、書籍用紙淡クリームキンマリ

はん・ぶんこ折り冊子

一文物語365 新作はん・ぶんこの制作が進んでいます。

先日、確認用はん・ぶんこでチェックが進み、Indesignにも修正を反映させました。

一文物語365 新作はん・ぶんこ確認用を作り

2017.04.04

そして、出来上がっている分を、本番用紙にプリントしました。

はん・ぶんこ本文印刷 スライドカッターハンブンコで、本文用紙をカット

本番用紙もスライドカッターを使用して、カット。

はん・ぶんこ折り冊子

A4を1/4にカットして、折って、4枚一組の冊子が出来上がり!

書籍用紙・淡クリームキンマリ

はん・ぶんこに使っているこのクリーム色の用紙は、書籍用紙を使用しています。

白いコピー用紙だと、長時間読んでいると疲れてしまうので、小説などの文庫本に使用されているようなクリーム色です。

私がいつも購入しているところは、楽天市場のペーパーミツヤマさんの

書籍用紙(淡クリームキンマリ)72.5k A4

少しつるっとしていて、とてもさわり心地が良い紙です。

自宅のインクジェットプリンターでの印刷でも、インクの乗りがよいです。

また少し厚めの90kの種類があります。

サイズを指定すれば、裁断もしてくれるので、助かります。

表紙に使用するボール紙もここで購入しています。

はん・ぶんこは、A7サイズなので、A6サイズに裁断してもらっています。

制作分の本文もプリントし終えたので、カットして折るばかりの行程と、表紙づくりも進めていきます。

はん・ぶんこ本文印刷書籍用紙
はん・ぶんこ折り冊子




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。