一文物語365 新作はんぶんこ制作スタート!Indesignでレイアウト!

糸かがり手製本はん・ぶんこ 一文物語365 雪月花 星雲海

4月1日、今日から新年度。新しい気持ちで、また一年が進んでいく季節。

私も、今日から新作手製本の制作をスタートしました。

毎日、一文だけの物語をまとめた本です。もう定期になりつつありますが、数ヶ月に一度、製本作業のいいリズムが刻めて楽しいです!

今回作るのは、2017年1月から4月の4ヶ月間の一文物語をまとめた糸かがり手製本「はん・ぶんこ」。

「はん・ぶんこ」は、A7サイズで、開くと文庫本サイズになる手製本!

2015年・2016年とシリーズ化していて、その続きとなります。

Adobe Indesignでレイアウト

一文物語365 はん・ぶんこ Indesignレイアウト画面

レイアウト、とは言っても、配置されているフレームにテキストを流し込んで、調整するだけ。
あとは、挿絵を配置するくらい。

挿絵のサイズ調整の方が時間かかります。
本文の長さも日によって、違うので、一枚一枚、場所とサイズを調整します。
手間がかかります。

本文テキストは、フレームに流し込んだら、正規表現と検索置換で、段落スタイルを一瞬で全文に適用。楽チン!

このIndesignデータは、2015年の一文物語のはん・ぶんこ作成してくださった小さな本工房さんにいただいたもの。

ありがたいことに、Indesignデータをいただくことができたので、2016年のはん・ぶんこからは、自分で手製本しています。

糸かがり手製本はん・ぶんこ 一文物語365 雪月花 星雲海

一文物語365 雪・月・花が、2015年。
一文物語365 星・雲・海が、2016年。

来たる5月7日に開催される文学フリマ東京に出店・販売!

来月、文学フリマ東京に出店するので、それに合わせて、はん・ぶんこを販売する予定です。

そのため、前倒しで制作できるところから始めています。
4月の一文物語が終わってから作業するには、ちょっと時間が厳しい!

まずは、本文のチェックを兼ねてレイアウトに流し込みました。
このあと、プリントアウトして誤字脱字、挿絵の位置や大きさを確認します。

あと並行して、表紙づくりもしていきます。

また制作が進んだら、ブログに載せていきますね!

想造は止まらない。

糸かがり手製本はん・ぶんこ 一文物語365 雪月花 星雲海



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。