ポメラDM200の親指シフト入力のキー配置をカスタマイズして、タイピングを向上!

ポメラDM200の親指シフト入力設定画面

少しずつポメラの親指シフト入力にも慣れてきました。

ただ、初期設定だと、少し不便なところも出てきたので、キーの配置をカスタマイズしました。

しかし、ポメラ DM200では、特定のキーで、変更できる内容も限られています。

その中で、私が変更してさらに入力しやすくした設定をご紹介します。

右親指シフトキーの設定

親指シフト入力の右シフトキーの初期設定は、[変換]キーです。

ポメラDM200の親指シフトのシフトキー設定

ここだと、右手のホームポジションが全体的に右寄りになり、入力しずらいので[スペース]キーに変更します。

[Menu]-[設定]-[キー設定]-[親指シフト]で、親指シフト設定を開きます。

ポメラDM200の親指シフト入力設定画面

[右親指シフト]のキーを[Space]に変更します。

ポメラDM200の親指シフトのシフトキー設定

こうすることで、右手の親指が自然な位置になり、ホームポジションもより自然になります。

一つ注意点があります。
スペースの入力は、[Space]キーではなく、[変換]キーに変更されるので、注意が必要です。

でも、親指を右に一つずらすだけです。

[Caps Lock]を[Ctrl]キーに変更

何かと使用する修飾キーの[Ctrl]キーを左手小指で使いやすい位置に変更します。

[Caps Lock]を[Ctrl]キーとして設定します。

[Menu]-[設定]-[キー設定]-[キーの割付]で、設定を開きます。

ポメラDM200のCaps Lock設定

[Caps ⇔ Ctrl]の設定を[する]に変更します。

これで、[Caps Lock]キーがコントロールキーになります。

英数入力設定キーの変更

日本語入力から英数入力に切り替えるには、初期設定では、左上の[半角/全角 漢字]キーに割り振られています。

私は、ちょっと押しにくいので、[カタカナひらがなローマ字]キーにも、その機能を割り当てました。

[Menu]-[設定]-[キー設定]-[キーの割付]で、設定を開きます。

ポメラDM200の半角全角キー設定

[カタカナひらがな]の設定を[半角/全角]に設定します。

これで、[カタカナひらがなローマ字]キーに、英数入力切替機能を割り当てることができます。

まとめ

  • 右親指シフトキーをスペースキーに設定
  • コントロールキーをCaps Lockキーに変更
  • 英数入力設定キーの変更

これで、よりポメラでの親指シフト入力が向上しました。

関連記事

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。