新元号「令和」と決まって、その響きに安定した重さと調和を感じた!

2019 4/04
新元号「令和」と決まって、その響きに安定した重さと調和を感じた!

2019年4月1日に、新元号「令和」が発表されました。

来月5月1日から新元号の令和の時代が始まります。

令和と決まり、どんな印象を持ったでしょうか。

私は、たった3音の中に、全体を支える安定した重さで、一体化するような印象を覚えました。

私は、とても好きな元号名です。

目次

安定した重さと調和

令/れい

使用する意味に、「良い」という意味があることを、元号発表を通じて初めて知りました。

漢字の印象がまた変化して、「れい」という響きがさらにきれいな印象に思えるようになりました。

この「れい」という響きに、私は重さを感じます。

決して暗さを持つ重みではなく、地に足がついて、自分自身をしっかり支えるような重さです。

なにが起こっても、しっかり踏ん張り、決して崩れない力強さと太さを感じています。

和/わ

調和の和が、すぐにイメージが湧きました。

すべてを優しく包み込んでくれる暖かい空気を感じました。

時代の流れは、速いですが、この「わ」には、速さはなく、思い思いの調べに沿っています。

変化が激しくとも、それぞれにどんな違いがあれど、すべてが有りうることを認めているように思えました。

令和という大きな心に包まれて

平成も残すところ、ひと月もありません。そんな平成は、字に込めた思いとは裏腹に、激動な時代でもありました。

これからの令和が、そうならないとは言い切れませんが、例えそうなろうとも、それを乗り越えられる強く暖かい心が込められていると感じます。

令和という新しい元号に、私はとても良い印象を持ちました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次