作業イプをやってみて、相互監視でサボれず、作業が進む!

カフェのテーブルに置かれたノートパソコン

クリエイター仲間に作業イプに誘われて、やってみました。

作業イプは、Skypeをつないだまま、作業することをいいます。

私は誘われるまで、その言葉すら知りませんでした。

実際やってみると、思ったより集中できました。時には、軽く雑談をしながら、気分転換などもできて良かったです。

オンライン通話でできる

作業イプというネーミングではありますが、Skypeでなくとも、オンライン通話ができれば何でもよいです。

複数でやる場合は、Skypeが簡単かもしれません。

私自身、自宅で作業したい派なので、特別なことがない限りは外で作業しようとは思いません。

いわゆるノマドほど本格的ではないけれど、外の人と繋がりながら作業するのは、新鮮ではありました。

その場に誰いなくても、オンラインで繋がるのは、現代ならではです。

互いに監視モードになって、サボれない!

作業イプ中は、当然、相手のいる空間の音が聞こえてきます。

ビデオ通話ではないので、実際どんなことをしているかはわかりませんが、音だけは聞こえてきます。

キーボードの音、スマホの通知オン、窓の外の音……。

もちろん、こちらの音も聞こえています。この状況がちょっとした緊張感を生んでくれます。

サボれないんです。

相手も何かしている状況なので、自分もやろうという気持ちになります。

途中でだらけることが減りました。ところどころ軽い雑談もありますが、作業の合間でメリハリができて、集中力も出ていました。

思わぬ効果があると感じました。

まとめ

作業イプすることで、お互いの作業音が作業への相乗効果を生みました。

作業イプをやってみるまで、そんな効果があるとは考えもしませんでした。むしろ、話ばかりしてまう心配すらありましたが、杞憂に終わりました。

ときどき作業イプしてみるのもいいですよ!

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。