作業イプをやってみて、相互監視でサボれず、作業が進む!

2019 8/03
作業イプをやってみて、相互監視でサボれず、作業が進む!

クリエイター仲間に作業イプに誘われて、やってみました。

作業イプは、Skypeをつないだまま、作業することをいいます。

私は誘われるまで、その言葉すら知りませんでした。

実際やってみると、思ったより集中できました。時には、軽く雑談をしながら、気分転換などもできて良かったです。

[wp_contents_outline post_id=”10094″ selector=”.c-entry__content” headings=”h2,h3,h4″ move_to_before_1st_heading=”true”]
目次

オンライン通話でできる

作業イプというネーミングではありますが、Skypeでなくとも、オンライン通話ができれば何でもよいです。

複数でやる場合は、Skypeが簡単かもしれません。

私自身、自宅で作業したい派なので、特別なことがない限りは外で作業しようとは思いません。

いわゆるノマドほど本格的ではないけれど、外の人と繋がりながら作業するのは、新鮮ではありました。

その場に誰いなくても、オンラインで繋がるのは、現代ならではです。

互いに監視モードになって、サボれない!

作業イプ中は、当然、相手のいる空間の音が聞こえてきます。

ビデオ通話ではないので、実際どんなことをしているかはわかりませんが、音だけは聞こえてきます。

キーボードの音、スマホの通知オン、窓の外の音……。

もちろん、こちらの音も聞こえています。この状況がちょっとした緊張感を生んでくれます。

サボれないんです。

相手も何かしている状況なので、自分もやろうという気持ちになります。

途中でだらけることが減りました。ところどころ軽い雑談もありますが、作業の合間でメリハリができて、集中力も出ていました。

思わぬ効果があると感じました。

まとめ

作業イプすることで、お互いの作業音が作業への相乗効果を生みました。

作業イプをやってみるまで、そんな効果があるとは考えもしませんでした。むしろ、話ばかりしてまう心配すらありましたが、杞憂に終わりました。

ときどき作業イプしてみるのもいいですよ!

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次