Pinocchio展開催中!

10月7日(日)まで、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展しています!詳細はこちらから。

繁田穂波さんの初個展!スタイリッシュな線で描かれる水棲生物は、優雅に泳いでいるようだった!

水棲生物画家の繁田穂波さん(@shige_hnm)の初個展を見てきました!

繁田さんの作品は、ボールペン1本で海洋生物を描いています。

単に形を描くだけでなく、スタイリッシュな線で、その生き物にはない線の模様を描いています。

初めて、作品を見たときに、グッと惹かれました。

初個展が開催されると言うことで、この目で絵を見たいと思い、行ってきました。

会場は、五反田にあるgallery201

gallery201の建物外観

外観は、マンション。そう、201と名前が付いているだけあって、マンションの一部屋がギャラリーになっているのです。

gallery201の看板 gallery201の入り口

個展のメインビジュアルのサメがお出迎えしてくれます。

gallery201の繁田穂波さんの描いたサメのポスター

展示ルーム1 大きな絵たち

繁田穂波初個展の展示会場

マンションの1室ですが、まさにザ・ギャラリー。

静かに、じっくり見ることができました。

繁田穂波初個展の展示写真OKメッセージ

写真もバシバシ撮らせていただきました。SNSやブログにもアップして良いと、ご本人から背中を強く押されました。

繁田穂波初個展の展示サメ

変に強調しないスタイリッシュな線で描かれる模様が、とても好きです。

繁田穂波初個展の展示エイ

私は、このエイの絵が中でも一番好きです。

空を優雅に、強くも飛んでいるようにも見えていました。

線1本1本に無駄がなく、ずっと線を目で追って見てました。

展示ルーム2 ベッドルーム

繁田穂波初個展のベッドルーム展示

ここはギャラリーですが、gallery201のコンセプトで、展示をしているアーティストが期間中、宿泊できるようにもなっているようです。

ベッドを運び入れた訳ではなく、あったものを使用しています。

そして、枕カバーとシーツにも繁田さんの絵が綺麗に染められていました。

繁田穂波初個展のベッドシーツの模様

使用している生地はスベスベしていて、とても触り心地がよかったです。

しっかり細い線も視認することができます。

繁田穂波初個展の枕カバーデザイン

枕カバー。

繁田穂波初個展のベッドルームに飾られた大きな絵

枕の上には、一枚の大きな絵。

板に直接、描いているそうで、それでも細かく、細い線は健在。

制作には、3〜4ヵ月かかっているとのこと。

こんなに大きな海洋生物を描くのだから、ダイビングとかされて、実際に海の中で見ているのかと、繁田さんにお聞きしたら、なんと水が嫌いなのだとか。

泳ぐのも少し苦手だとも。

それにしても、どの絵も雄大に描かれていています。

繁田穂波初個展のベッドルーム展示

ベッドの足元側。色のついた小さな絵が飾られていました。

繁田穂波初個展のベッドルーム展示

一部屋まるまる、繁田ワールドが展開されています。

決して、ごちゃごちゃしておらず、むしろ落ち着いた部屋になっています。

こんなベットで寝たら、雄大で穏やかな海を泳ぐ夢を見ることでしょう。

展示ルーム3 少し小さめの絵や切り絵作品も

繁田穂波初個展の展示会場

コラボ作品もあり、切り絵や立体アート作品も飾られていました。

繁田穂波初個展の展示会場

同じ線のスタイルで描かれる絵ですが、1本1本丁寧に描かれているので、その線から力強さやエネルギーが放たれているのを感じました。

飽きることなく、最後まで見ることができました。

グッズコーナーもあり、ポストカードやTシャツ、缶バッジなど、購入することができます。

まとめ

繁田穂波初個展で購入した缶バッジと名刺

作品は、30点ほどはあったのでしょうか。

素敵な空間で、ゆっくりと繁田さんのお話を聞きながら、作品を見ることができました。

いい時間を過ごすことができました。

お土産に缶バッヂを買いました。名刺もいただきました。

博物ふぇすてぃばる!5で配布されていたポストカード

2018年9月15日から開催される「ボクらのうみ展3」と言うグループ展に、繁田さんも参加されます。

こちらも楽しみにしています。

水棲生物画家 繁田穂波

合わせて読みたい関連記事




minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。