9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

第7回テキストレボリューションズを見てきました。戦利品はミステリー小説!

第7回テキストレボリューションズの戦利品

2018年7月16日(日)、第七回 Text-Revolutionsを見てきました。

会場は、浅草にある都立産業貿易センター台東館です。

都立産業貿易センター台東館の外観

テキレボを見に行ったのは、今回が初めてでした。知り合いのブースが出ているということもあり、足を運んできました。

出店ブース数は、200ブースほどでした。一つ一つゆっくり見て回れました。

第7回テキストレボリューションズのポスター

戦利品

第7回テキストレボリューションズの戦利品

ミステリーな君に/白樺あじと

文芸部で起きた「作者探し」をめぐるミステリー小説。

紹介文を読んで、ストレートなミステリー小説だと感じて、購入しました。作家さんとも少しミステリー小説のお話もできて楽しかったです。

著者:Twitter@coelacanth_va

sin文紙/紙男

ツイッターノベルや短編を活発に書いています。日常を少し不思議に切り取って物語にされています。

今回は、紙男さんに会いに行くのが第一の目的でした。近況のお話だったり、今後の活動のことなどを聞かせていただきました。

Twitter:@paperman104

まとめ

イベントには、行ってみないと出会い作品もあったりします。

今回は、少なかったですが、これだという作品にも出会えたり、作家さんたちとお話をすることができて、楽しいひと時を過ごすことができました。

私の創作活動にも刺激をいただけました。

あわせて読みたい関連記事

第7回テキストレボリューションズの戦利品



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。