物を持つこと、所有することで、心が重いと感じ、不要な物を手放していく!

物が少ないレイアウト

物を持つ、所有することをなるべく少なくしたいと思いました。

テレビのニュースを見ていて、豪雨の被災地で出された使用できなくなった所有物が山積みにされていました。

それを目にしたとき、とても心が重くなりました。物って、こんなに多いんだなと思ったのです。

ふと、自分に置き換えたとき、本当に私はそんなに物が必要だったのかと思います。人にはそれぞれ思入れがあって所有し、必要だから物を持っています。

たくさん物を持つこと、身の回りに置いておくことを否定はしません。ただ、私は普段からそんなに物を持たなくてもいいのではなかいと思えたのです。

時々、断捨離で物を捨てたりすると、毎日使っているものは、案外、限られていると気づきます。

しかしまだ、いずれ使うだろうと思って取っておいても、結局使わない物もあります。それがあることで、不安が解消されればいいのかもしれません。それも何か違うと今、感じています。

これから、また物の整理を進めて、物に対する身軽さ、心の身軽さを磨いていきたいと思います。

物が少ないレイアウト



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。