短歌イベント「お笑い短歌道場・第2回」自由すぎる発想の短歌に笑いあり、楽しく勉強できたイベントだった!

お笑い短歌道場第2回トカナWebサイトスクリーンショット

お笑い短歌道場という短歌のイベントが3月3日にあって、行って来ました。

2月中旬くらいから短歌を始めたこともあって、このイベントを知った時、すぐに参加申込しました。

歌人・笹公人さんをはじめ、ラリー遠田さん(お笑い評論家)、辛酸なめ子(ゲスト)さんが審査員として、芸人さんたちが詠んだ短歌を解説しながら、短歌を学び、楽しむイベントでした。

イベント主催が、トカナという宇宙、オカルト、アート、UFOなど知的好奇心を刺激する情報サイトということもあり、オカルト的成人向けな内容もありましたが、面白おかしく笑いながら短歌を堪能することができました。

「お笑い短歌道場・第2回」トカナイベントページ

目次

短歌を詠んだ出演者は、言葉を扱うプロ

  • ハローケイスケ(芸人)
  • キック(芸人)
  • たいがー・りー(芸人)
  • 川本成(あさりど)
  • ゴウヒデキ(放送作家)
  • 角由紀子(TOCANA編集長)

上記6名の方々が紅白に分かれて、それぞれ短歌を詠んで、審査員の先生方が勝敗をつけてイベントは進んで行きました。

言葉を扱うプロの方々が、短歌を作るので、どれも言葉が自然とその場面を想像させます。

少し路線の違った情報サイト主催ということもあり、下ネタや怖い短歌もありました。

しかし、さすが芸人さん。笑いを取りながら、短歌について熱く語っていました。

最後まで、笑いながらイベントを楽しむことができました。

短歌の自由な発想と言葉選びの勉強ができた

イベントで詠まれた短歌は、どれもユニークでした。それぞれに魅力があり、こんなにも自由に詠んでいいのか、と驚きました。

プロの歌人の解説も聞くことができ、どう言葉を選んだらいいの勉強になりました。

もう少し、短歌一つ一つの詳しい解説があっても良かったかなと思いました。

とはいえ、その審査員方に、私を含めたお客さんの短歌も読んでもらうことができました。

優秀賞には選ばれませんでしたが、ここに詠んだ短歌を記しておきます。

 

鍵をさし閉ざした心また開けてともに歩もう笑うじぶんと

まとめ

入場料2,000円だったのですが、プロの歌人に短歌を詠んでもらうことができた上に、たくさんの短歌に触れ合うことができた3時間。

コンテストなど短歌を投稿する投稿料は、1首につき、だいたい2,000円ですのでかなりお得なイベントでした。

芸人さんたちの笑いを楽しみながら、短歌の魅力に触れられた素敵なイベントでした。

刺激を受けつつ、短歌を作って行きます。

関連記事

お笑い短歌道場第2回トカナWebサイトスクリーンショット



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。