ほぼ日手帳で週次レビューをつけ始めたら、1日1日を過ごす意識が高まっていく

ほぼ日手帳

先日、ほぼ日手帳を買った。もう今年の後半も過ぎに過ぎているが買った。

理由は、週次レビューをしたかったからだ。1週間の振り返りをして、より次の1週間をよくしていこうという記録みたいなものだ。

週次レビューを始めるきっかけは、ブロガーで作家の立花岳志さんのブログがきっかけだった。

もともとパソコンのエクセルでレビューをつけていたが、手書きしたいと思い、行きついたのがほぼ日手帳だった。

目次

週次レビューの内容

週次レビューは、1週間を終えた後、1週間を俯瞰して来週をよりよく自分の気持ちをまとめることだ。と個人的には解釈している。

週次レビューNumbersテンプレート

画像は、立花さんのテンプレートを自分なりに作り変えたもの。自分には必要ない項目を減らしたり、項目を自分のわかりやすい言葉に変更している。

立花さんのテンプレートの使い方は、立花さんのブログを読んでいただくのがとてもわかりやすい。

私がポイントにしている日次項目は、

  • 日毎の時間帯別の活動内容
  • 今日あった3つの良いこと
  • 気づき
  • 明日をよくする今日の改善

これらを1週間つけていき、1週間を振り返る項目を考えていく。

  • この1週間の大きな出来事TOP5
  • この1週間で私が学んだことはなにか?
  • この1週間で自分がもっとも誇れることはなにか?
  • 来週何をすればもっと楽しくなるか?
  • 今週できなかったことで、来週必ず実行したいことはなにか?
  • 来週の目標を達成するためには何をすればいいのか?

データから手書きの手帳へ

アプリケーションの遍歴。

  1. Excel
  2. LibreOffice
  3. Numbers
  4. ほぼ日手帳

ぶっちゃけ、本気で週次レビューに乗り出したのは、今年の6月ごろからだ。

それまでは、活動の記録だけして、気づきや明日をよくすることなどほとんど考えることをせず、空欄のまま。

モバイルでもつけられるようにと思って、Appleの表計算ソフトNumbersにテンプレートを移して、本格的に週次レビューをつけるようになった。

だが、如何せんモバイルでは、入力しづらいことに気づいた。それに、データだとどうも自分から遠くにあるような気がして、書き出したことに実感がない。

手書きの実感

小説の執筆は手書きしているせいかもしれない。ここは思い切って手帳に記入してみるのはどうかと思うようになった。

ちょうど手帳が売り出される時期だったので、いろんな手帳を見ることができた。

2週間くらい、やり方を模索しながら手帳に記入していってやっとしっくりくるようになった。

1週間を俯瞰して見るには、デイリーの手帳では一覧性には欠ける。

しかし、データに残していた時より、手書きしていた時の方がより記憶が鮮明だったことに気づいた。

振り返った時、しっかり記憶が蘇ってきた。出来事もそうだか、自分の気持ちもあの時はそうだったなとよりよく思い返せるようになった。

まとめ

手帳で、週次レビューをつける。私の場合、日次レビューの質が上がったと感じている。

1習慣を振り返るには、1日1日を振り返ることから始まるのだなと今更思う。

次回は、ほぼ日手帳を使って、私がどう日次レビューをほぼ日手帳に落とし込んでいるのかをご紹介します。

私のほぼ日手帳の使い方をまとめている目次ページ↓

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。