WordPressのブロックエディターで、入れ子になった中のブロックを移動させる方法!

WordPressで、入れ子になった中のブロックの移動方法!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

WordPressのブロックエディター(Gutenberg)で、段落ブロックを動かせず、悩みました。

ブロックの中にブロックを入れた状態で、中のブロックが1つになった時、それは起こりました。

入れ子になっていなければ、問題ないのですが、解決策がありましたので、ご紹介します。

目次

入れ子になった中のブロックを移動させる方法!

グレーのボックスの中にある2行分の段落ブロックを、青枠のブロックの中に移動させます。

WordPressのブロックを移動させる

▲1行目の段落ブロックを選択すると、左側にハンドルが表示されるので、それをドラッグ&ドロップで、青枠ブロックの中に移動させます。

WordPressのブロックが移動できない

▲残りの段落ブロックを移動させようと、選択します。しかし、移動させるハンドルが表示されません。

WordPressのブロックを追加

移動させる段落ブロックの下に、空のブロックを作ります。段落ブロックを改行すると、簡単に作ることができます。

WordPressのブロックが移動できるようになった

▲空のブロックを作ると、段落ブロックを移動させるためのハンドルが表示されるようになります。これで、残りのブロックを移動させることができます。

WordPressのブロックの移動完了

▲これで、ブロックの中のブロックを全て移動させることができました。

まとめ

入れ子になった中のブロックが、1つになった場合、空のブロックを追加すると、ブロックを移動させることができます。

ブロックが入れ子の場合は、中のブロックが複数あれば、移動可能になると気づきました。

あわせて読みたい
WordPressテーマ「SWELL」に変更!クールなデザインで、ブロックエディター完全対応でとても使いやすい! 2019年10月頭に、当サイトのWordPressテーマを「SWELL(スウェル)」に変更しました。以前は、「Snow Monkey」を使っていました。どちらもWordPress最新型のブロックエ...
あわせて読みたい
WordPressのリビジョン機能(自動保存履歴)を停止する方法とプラグイン! WordPressで記事を書いている最中に、記事は自動保存されます。書いている記事に変更が加わると記事全体をバックアップ用に保存してくれます。ちょっと前の状態に戻した...

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

WordPressで、入れ子になった中のブロックの移動方法!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる