WordPressのブロックエディターで、入れ子になった中のブロックを移動させる方法!

2019 10/10
WordPressのブロックエディターで、入れ子になった中のブロックを移動させる方法!

WordPressのブロックエディター(Gutenberg)で、段落ブロックを動かせず、悩みました。

ブロックの中にブロックを入れた状態で、中のブロックが1つになった時、それは起こりました。

入れ子になっていなければ、問題ないのですが、解決策がありましたので、ご紹介します。

目次

入れ子になった中のブロックを移動させる方法!

グレーのボックスの中にある2行分の段落ブロックを、青枠のブロックの中に移動させます。

WordPressのブロックを移動させる

▲1行目の段落ブロックを選択すると、左側にハンドルが表示されるので、それをドラッグ&ドロップで、青枠ブロックの中に移動させます。

WordPressのブロックが移動できない

▲残りの段落ブロックを移動させようと、選択します。しかし、移動させるハンドルが表示されません。

WordPressのブロックを追加

移動させる段落ブロックの下に、空のブロックを作ります。段落ブロックを改行すると、簡単に作ることができます。

WordPressのブロックが移動できるようになった

▲空のブロックを作ると、段落ブロックを移動させるためのハンドルが表示されるようになります。これで、残りのブロックを移動させることができます。

WordPressのブロックの移動完了

▲これで、ブロックの中のブロックを全て移動させることができました。

まとめ

入れ子になった中のブロックが、1つになった場合、空のブロックを追加すると、ブロックを移動させることができます。

ブロックが入れ子の場合は、中のブロックが複数あれば、移動可能になると気づきました。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次