ブログタイトル「水輝亭」→「Mizuc ism」に変わりました!

WordPressのリビジョン機能(自動保存履歴)を停止する方法とプラグイン!

WordPressのリビジョン機能を停止する方法とプラグイン
URLをコピーする
URLをコピーしました!

WordPressで記事を書いている最中に、記事は自動保存されます。

書いている記事に変更が加わると記事全体をバックアップ用に保存してくれます。

ちょっと前の状態に戻したい、という時に便利ではありますが、私はめったに使ったことがありません。自動保存で、直前の状態に戻せればこと足ります。

しかし、このリビジョン機能は、保存されるごとにデータベースが作られていきます。消されることなく、使わなければデータのゴミになるだけです。

停止する方法は、二通りあります。

  1. リビジョン機能を停止するコードをファイルに直接書く
  2. プラグインを使う
目次

リビジョン機能を停止するコード

私はコードを直接、ファイルに書き込んでいます。

下記のコードをwp-config.phpに書き込みます。

/* リビジョン機能の停止 */
define( 'WP_POST_REVISIONS', false );

注意点としては、下記のコードより上に書き込む必要があります。たぶん、wp-config.phpの一番下の行にあると思います。

require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');

間違ってしまうと、サイトの表示が真っ白になってしまうこともあるので、ご注意ください。

プラグイン「WP Revisions Control」

WordPress.org 日本語
WP Revisions ControlControl how many revisions are stored for each post type.

リビジョンの保存数をコントロールするプラグイン。

プラグインを導入することで、ファイルをいじらずに設定できます。

まとめ

  1. リビジョン機能を停止するコードをファイルに直接書く
  2. プラグイン「WP Revisions Control」

リビジョンを制御することで、無尽蔵に増えていく下書きデータを少なくすることができます。

それは、無駄なデータベースを増やさない。これで、サーバーのデータ量を圧迫することはなくなります。

この記事を読んだあなたにオススメの過去記事

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

WordPressのリビジョン機能を停止する方法とプラグイン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる