小説の文章が書けなくなった時に読んだ、小さな気づきを与えてくれてすぐ読める文章読本4選

何も書かれていない紙と万年筆

プロットはできているのに、いざ、本文を書き始めようとすると、何を書いていいかわからなくなり、全く小説が書けなくなった時がありました。

その要因はいろいろあるのですが、悩んだ結果の一つに、小説の文章とは何かを知る必要がありました。

物語の作り方やキャラクター作りについては、本や創作仲間と議論することも多かったのですが、文章については全く触れることはありませんでした。

もともと学生時代から、いわゆる国語ができませんでした。本を読むことも、作文も苦手でした。

文章というモノの勉強から、意識的に離れていました。しかし、これから紹介する本は、小説というものを優しく教えてくれました。

小説を書いている人なら知っていることも多いですが、その中から私は、文章を作るヒントを得ることができました。

目次

めざせ!伝わる文章の達人 読まれるための文章読本 (MyISBN – デザインエッグ社)

大きく分けて3部構成になっています。

  1. 基礎編「読みやすく、わかりやすい文章とは」
  2. 応用編「人に伝わる文章とは」
  3. 漢字編「このとき使う漢字はどっち?」

文章を俯瞰して見ること

文章例と改善例、そして解説という流れで、文章の改善意図がわかりやすく書かれていました。

読み進めて行くと、多くは知っているよ、という内容も多くありました。たぶん、日本語を知っている方なら誰でも思うはずです。

しかし、改めて指摘されることで、自分の文章はどうなのか、という気づきを与えてくれます。

基礎的なことではあるのですが、普段から日本語を使っているからこそ、文章を書くときにそれらを意識できているか、再度自分に問うことができました。

一文一文を俯瞰して書いて行くことを改めて教えられた1冊。

物語が書けないあなたへ ストーリーデザインの方法論 (PIKOZO文庫)

この本は、物語の流れをどう作るかが主題の本でした。

文章を書くことからは少し論点が違っていたのですが、やはり文章を書く上で気づいたことがありました。

描写とは何かを初めて知る

添削されている小説作品が載っているのですが、セリフや気持ちなど、くどい説明なども一切ないにも関わらず、内容がとても伝わって来る作品でした。

描写がいい、というのです。

そもそも私は、小説における文章で、描写がどれで、セリフはあれで、説明がこれで、と意識したことありませんでした。

今までは、闇雲に書いていたわけです。

これを読んでから、どこで何を書くのか、書くべきなのか、設計を考えるようになりました。

作者は裏方である

この文言を見て、ハッとさせられました。

読んでもらうからには、面白い作品に仕上げたいと思うあまり、

この展開はどうだ、
こういうキャラクターがお好みでしょ、

という、本書の言葉を借りると「腕自慢」をしていないか、と問われました。

確かに、これは気づかないうちに、磨きに磨いた光り輝く宝を見せびらかしたい欲が、私自身にも当てはまると感じました。

小説は、私を知ってもらうためのものではなく、読者がある種の夢物語を楽しむものであると強く思わされました。

本書「物語が書けないあなたへ ストーリーデザインの方法論」は、kindle unlimitedに対応しています。

kindle unlimitedの登録は、こちらから

小説の書き方~あなたが小説を書くための方程式~20分で読めるシリーズ

先に紹介した「物語が書けないあなたへ」と同じ、小説を作る流れを追う内容です。

やはり、文章自体を書くことについてはほとんど触れられていませんが、書く上でのヒントが一つありました。

それは、どの人称で書くか、ということです。

人称を決めておく

多くの小説は、「一人称」か「三人称」で書かれていることが多いです。

物語を進めて行く上で、どの視点で描くほうが読者にとって、より効果的かを判断する必要があると感じました。

ただ私は、昔から「三人称」で書く際に引っかかっていることがあります。時折指摘されることがあるのですが、三人称で登場人物の独白や内心の言葉を書くな、と。

私は、三人称だから書けることだと思っていて、三人称でも視点がぶれていなければ良いと思っています。

そのことについて深く書かれてはいませんでしたが、人称による描写方法を改めて勉強できました。

ラノベの書き方。ライトノベルの執筆と最初の心得。何人称で書くか、キャラクター、ストーリーの作り方。20分で読めるシリーズ

kindle版しかありませんが、107円ととてもお安い。ラノベの書き方とあなどるなかれ。

小説の文章の初心を教えてくれる本書。

もちろん、ラノベの書き方でもあるので、キャラクターの練り方や物語の作り方も書かれています。

小説の三要素

小説とは文章の集合体である。小説を分解すれば体調の文章になり、その文章を解体すると三つの要素が抽出できる。

その三つとは「状況」と「心情」と、そして「会話」だ。

誰しも、小説を読んだことがあれば、だいたい気づけるものなんだと思いますが、私は気づけませんでした。

先にも書いたように、描写って? と言っているくらいです。

本書で、この三要素を知れただけでも、読んで良かったと思っています。

三要素に気づいたことで、どこで何を書くべきなのか、場面として成立させるために何を文章に起こせば良いのか、考えられるようになりました。

まとめ

小説を書く時、何を文字に起こせばいいのかわからなくなった時、やはり、基本に立ち返ることを学びました。

どう書けば正解ということがなく、最終的には自分でこうだと思う文章を書くしかないのです。

やっと、私は、これらの本を読んで、文章を書くための基本を見つけられました。

文章を書くには、まだまだ知らないこともありますが、書けない状態を打破することができ良かったです。

関連記事

公開している小説作品

魔法解析探偵録緋色の探求者

オンライン小説投稿サイトエブリスタで公開、連載しています。
「魔法解析探偵録 緋色の探求者」

ポケットに入る宇宙の一文散系

毎日、一つ更新している一行小説。5年目1,700作以上!
「ポケットに入る一文散系」について

何も書かれていない紙と万年筆



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。