能力レベル別けされた学生生活で、真の友情に能力のレベルは関係ない。オススメアニメ「とある科学の超電磁砲」

アニメ「とある科学の超電磁砲」

もし、自分に超能力があるとしたら、それはどんな能力なのだろうか。
小さい頃、想像したことがある。

眠っている能力を目覚めさせる学校があったとしたら、行っていただろうか。

そんな学校があったら、という世界を描いたアニメ「とある科学の超電磁砲(レールガン)」をご紹介。

とある科学の超電磁砲

今回、オススメするこのアニメは、超能力開発を目的とした学校が集められた学園都市で、中学生の女の子たちの友情と能力を利用しようとする大人たちとの戦いを描く作品。

能力がないレベル0(ゼロ)から、最強レベル5(ファイブ)とランク付けされ、能力開発が日々行われている。とはいっても、生活は普通の学生生活とあまり変わらない。

物語

共通の知人を通して、レベル0からレベル5の能力を持った少女たちが仲良くなるところから始まる。

学園都市に7人しかいないレベル5の一人の主人公と、未だ能力に目覚めない友達、レベルアップを図りたい少女たち、それぞれの悩みを描きながら物語が進んでいく。

レベルが高ければ高いなり、またその逆の葛藤も細かく描かれている。努力なしでレベルアップする都市伝説の話が出てきたりするのは、案外、視聴者への社会的メッセージ性が含まれているようにも感じられるほど。

ストーリーは、能力の特性を上手く折り混ぜた日常が、学園都市で違和感なく描かれ、登場人物が絶え間なく動いて進んでいくので、途中で見飽きてしまうことはない。

また、アニメ特有の中盤に水着回というものもある。

本作では、学園都市ならではのシチュエーションで描かれるところは、水着回といえどストーリーとしてしっかり作られている。

アニメーションとしての見どころ

ロケーション

学園都市となるロケーションは、東京都立川市と多摩センター付近をもとに描かれている。
聖地巡礼と呼ばれ、アニメファンがアニメで描かれたそのシーンを実際に見てまわっていたりもする。
本作を見終えたら、シーンを探しに出かけてみるのもまた良いと思います。

アクションおよびエフェクト作画

本作は、能力を使ったバトルシーンも見どころである。そのため、激しいアクションシーンに爆発や電撃攻撃、煙、といった特殊効果の描写にも注視して見てもらいたい。

それだけアクションにも力を入れているため、スタッフクレジットを見ていると、アクション作監やエフェクト作画といっな名称でスタッフ名が記載される回がある。

アクションやエフェクトだけを専門に描いたアニメーターである。

これらを表記する作品は、あまり多くない。むしろ、珍しい。

主人公の能力レールガンの電撃シーンやバトルシーンの細かいところも注目してもらいたい。

音楽の使いどころ

各シーンの緊張感や興奮を演出する音楽の使い方も良い作品です。

主人公が決意して、仲間の思いを受けて止めて戦いに挑むところで、主題歌が流れたりするのは、ぐっと心にくるものを感じてしまいます。

第1期 とある科学の超電磁砲 24話
第2期 とある科学の超電磁砲 S 24話

ボリューム満点の作品ですが、クオリティーの高い画と最後まで楽しめるストーリーに満足できるはずです!

高画質な映像でアニメ作品は、ぜひ、見てください!

近未来サイバーアクションアニメ「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」

2017.04.02

宇宙で生活する近未来で描かれる最高峰のヒューマンドラマアニメ「プラネテス」

2017.04.03
アニメ「とある科学の超電磁砲」




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。