改訳ジャバーウォッキー by 結崎剛 ハトメされ、風車のように開く翻訳詩カードに一目惚れ!

2018年11月25日に開催された文学フリマ東京で、購入した作品。

見本誌コーナーで、一目惚れした作品。

ただ、中身より、まず、その飾られ方に惚れてしまった。

その飾られ方がこちら。(すぐ下へ急げ)

風車ふうに開く翻訳作品カード

改訳ジャバーウォッキー by 結崎剛 を開いたところ

文フリ東京当日、私が置く見本誌近くにすでに、置かれていて、目を奪われた。

改訳ジャバーウォッキー by 結崎剛 を開いたところの寄りハトメ部分

角の一点をハトメされていて、風車が回っているかのように置かれていました。

カードのクリーム色と、表紙の絵も雰囲気がバッチリで、一目で素敵だなと思ってしまった。

原文があり、日本語訳が配置されています。

一枚一枚、レイアウトが異なっているため、角度を変えながら読みました。

読み進めるたびに、雰囲気が変わるので、新鮮でした。

読ませ方としての作品の形も素敵だなと思いました。

鏡の国のアリスより改訳「ジャバーウォッキー」

改訳ジャバーウォッキー by 結崎剛 を開いたところの寄り

結崎剛さんのブースに立ち寄ると、たくさんの翻訳された詩のカードが並べられていました。

ただ、詩にはうとく、知っているものがありませんでした。

その中でも、ピンときたのが、このジャバーウォッキーです。

鏡の中のアリスの中に出てくる詩、らしい。

鏡の中のアリス作品というだけで、そもそも鏡の中のアリスも、本当は知りません。

ただ、近いうちに読んでみたい作品の一つでもあったので、このカードを購入しました。

改訳とあるのは、もともと翻訳した内容がまだ難しかったようで、さらに訳をつめた形とのこと。

私でもわかりやすく読めた。

改訳ジャバーウォッキー by 結崎剛 裏面

裏面には、ハンプティ・ダンプティによる註釈がありました。

まとめ

鏡の中のアリスをまだ読んでいないゆえ、詩から全体像はつかめません。

しかし、ここで改訳ジャバーウォッキーと出会ったのは、なにか縁があるはず。

ますます鏡の中のアリスを読んでみたくなりました。

結崎剛
Twitter:@youquigo

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。