MENU
プロフィール背景画像
水島一輝の画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

キングジムの電子文具ポメラが、文学フリマに出店していて、DM30の実機に触れてきた!

2019年5月6日に開催された文学フリマ東京。

出店企業ブースに、文具メーカーのキングジムがありました。

キングジムが開発したデジタルメモ「ポメラ」の実機が置いてあり、実際に触れる体験ブースでした。

私は、DM200という機種を持っています。最新機種のDM30も会場には置いてあり、触ってきました。

目次

デジタルメモ「ポメラ」

第28回文学フリマ東京キングジムのブースのポメラ

ポメラは、テキストの入力しかできない専用マシーン。

DM30とDM200が並べて置いてあり、みんな打ち心地を試していました。

私は、左側にあるDM30を触ってきました。

電子ペーパー仕様の画面。紙っぽい表示ではありましたが、入力した文字表示が出現や変換速度が、DM200やPCに比べると体感的に遅く感じました。

キーの打ち心地は、軽くて柔らかくて良かったです。

ただ、キー入力に親指シフトがないのが、やはり残念です。

歴代のポメラ

第28回文学フリマ東京キングジムのブースのポメラ

もう一つのテーブルには、歴代のポメラが展示されていました。

第28回文学フリマ東京キングジムのブースのパネル

ポメラ愛用の作家・羽田圭介さんの写真もありました。

ブースには、多くのお客さんがいらして、たいへん賑わっていました。

まとめ

第28回文学フリマ東京キングジムのブースでもらったお菓子

アンケートに答えて、パッケージにポメラがプリントされたお菓子をいただきました。

今まで、ポメラが、文フリにいなかったのが不思議なくらいです。

多くの作家や本を愛する人たちが集まるイベントで、実機にも触れることができて良かったです。

株式会社キングジム 公式Webサイト
デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM
デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIMいつでもどこでもすぐ「メモる」デジタルメモ「ポメラ」が登場!

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる