新作手製本「ポケットに入る宇宙の一文散系」の制作、本番用紙に本文をプリントアウト!

手製本「ポケットに入る宇宙の一文散系」の本文を淡クリームキンマリにプリントアウト

来月5/6(日)のイベント文学フリマ東京に向けての制作を少しずつ進めています。

新作の小さな手製本づくりに取り組みました。先日、確認用を作り、誤字脱字や挿絵の位置などをチェックしました。

手製本の本文の確認

レイアウトソフト(InDesign)に修正を反映させて、本番用紙に1セットだけプリントしました。

手製本「ポケットに入る宇宙の一文散系」の本文を淡クリームキンマリにプリントアウト

使用している紙は、淡クリームキンマリ。小説など文字を読むのに適しているクリーム色の紙です。

本番用紙でも再度確認をします。この小さな冊子は、全部8つ必要なのですが、一文物語が4月分まで収めるので、現在は7つまで。

良さそうなので、部数分プリントアウトしていきます。

手製本「ポケットに入る宇宙の一文散系」の本文を淡クリームキンマリにプリントアウト

これは、印刷業者に頼まず、家庭用のプリンターでプリントしています。

業者に頼んでいるのですかと、聞かれることがあるのですが、家でプリントしていると答えると驚かれます。

家庭用プリンターでも、文字の写りもはっきり出るので結構満足度高めです。ただ、プリントする紙の種類にもよると思います。

ここからは、地道に切って、折って、穴を開ける作業が続きます。

今回は、ここまで。出来上がりをお楽しみに!

5月6日(日)に開催される文学フリマ東京で販売いたします。ぜひ遊びにきてください!

イベントの詳細は、こちらから
新作の本の情報や、今までの作品の紹介もしています。

手製本「ポケットに入る宇宙の一文散系」の本文を淡クリームキンマリにプリントアウト



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。