新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の制作をスタートし、本文のレイアウトと確認用をプリントアウトした!

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の本文確認用用紙

新作の一文物語の手製本づくりを始めました。

本作中巻は、今年2018年5月〜8月までの4ヶ月分を一冊にまとめた本となります。

こちらの画像は、1月〜4月の「上」の手製本。完成形は、こんなイメージの手製本になります。

今まで旧作も、制作工程をアップしてきましたが、本作も制作の流れをお届けしていきます。

8月末までの一文物語を収めますが、できるところから、制作を進めていきます。

さて、今日は本の中身、本文を確認するためのパソコン上でレイアウトし、確認するためにプリントアウトしました。

一文物語の管理はデータベースで、そして書き出し

Tap Forms5で一文物語をデータベース管理

Tap Formsというデータベースアプリで、テキストデータを管理しています。

一文物語を作る際は、Scrivenerというテキストエディターを使用しています。

一文物語のタグ付けテキスト

Tap Formsからcsvデータを書き出します。この時、日付と本文をタグ(目印となる記号で挟む)つけします。

☆や▲のところ。データベース内で、自動的に付与されるように設定しています。

この工程は、InDesignにテキストデータを流し込んだあとの作業を楽にするためです。

InDesignでレイアウト、挿絵画像の配置

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」のInDesign本文レイアウト

レイアウトは、AdobeのInDesginというソフトを使っています。

A4用紙に最終的なサイズを想定して、本文を並べています。以前のデータを流用して、テキストを流し込んでいます。

InDesignの正規表現による段落スタイル適用画面

正規表現を利用して、タグ(このプリセットは、☆に挟まれた部分)を検索し、登録してある段落スタイルを置換、適用させています。

InDesignの段落スタイル設定画面

段落スタイルを登録しておくと、ボタン一つで、そのスタイルが一発で適用されます。

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」のInDesign本文レイアウト

挿絵画像もここで配置し、挿絵のサイズと位置を調整しました。

プリントアウトして、今日はここまで

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の本文確認用用紙

A4用紙に両面でプリントアウトしました。

A4用紙1枚から、16ページ分の冊子が1つ出来上がります。その制作は、次回で。

表紙のデザインも考えつつ、本文の制作を進めていきます。

出来あがりをお楽しみに!

次の工程は、確認用冊子作り。続きはこちらから↓

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。