新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙制作、モチーフは炎-創作日誌

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙

2019年1月5日の手製本創作日誌。

ようやく一文物語の新作手製本下巻の制作を始めました。

12月から手製本作りをするつもりでいましたが、なかなか表紙の万華鏡モチーフが固まりませんでした。

ずっと悩んだまま、年が明けてしまいました。11日の締め切りの地元で開催される本の作品展に間に合わせるべく、いざ1月3日から制作を開始。

悩んでいた表紙は、あっけなく3日で完成しました。手を動かした時間は、3時間ほど。

今回も素敵な万華鏡模様になりました。

本作は、2018年9月~12月の一文物語を収録した手製本となります。

万華鏡のモチーフは、炎

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙の万華鏡モチーフ

中心となる万華鏡のモチーフです。本作には、炎を描きました。

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙の万華鏡模様

万華鏡の原理で、並べて広げていくと、こんな模様になりました。

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙レイアウトデータ

表紙のサイズにレイアウトしたテンプレートに流し込んで、プリントアウトします。

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙

プリントアウトしました。少しざらつきのある紙を使用しているので、ちょっと滲んで柔らかな表情になります。

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙と裏表紙

表紙と裏表紙にカットしたところ。

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」の表紙

半分に折って、表紙の完成です。今回もとても良い表紙!

まとめ

これで1冊分の表紙が、できあがりました。

次は、本文ページの制作です。テンプレートのデータに流し込むだけなので、そんなに時間はかかりません。

11日の締め切りには間に合いそうです。

本の出来上がりをお楽しみに!

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。