Pinocchio展開催中!

10月7日(日)まで、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展しています!詳細はこちらから。

ブログトップページを少しカスタマイズして、作品情報を表示できるようにした!-創作日誌

Mizucics Notesのトップページ

2018年6月20日の創作日誌。

ここ数日、取り組んでいた当ブログのトップページのカスタマイズ。

まずひとつ形作ることができました。

当ブログは、Wordpressで運用しています。直接、サーバー上でデザインをいじるのは怖いので、まずはPC上で作業をはじめました。

しかし、少々作業前に、問題にぶつかっていましたが、その問題を解消して作業に取り組めました。

トップページのコンテンツヘッダー

Mizucics Notesのトップページコンテンツ

サイトのデザインは、WordPressテーマ「ハミングバード」を使用しています。

このテーマの機能であるヘッダーコンテンツを利用。ここは、少し前から使用していました。毎日、新作の一文物語をアップしています。

時々、更新するのを忘れてしまうのですが、ここでも新作を読むことができます。

もちろん、レスポンシブなので、スマホでも見ることができます。

その下に、小説作品一覧のカルーセルを設置。テーマ付属の機能としてあったカルーセル。今まで使っておらず、今回初めて使用しています。

Webサイトっぽく、コンテンツを並べる

Mizucics Notesのトップページコンテンツ

今までは、ブログの最新記事が表示されていたのですが、それを下方にずらし、新しく情報を追加できる部分を作りました。

この位置は、管理画面から更新もできるのですが、テーマの仕様がPCとモバイルで2つ作る仕様だったので、それも面倒なので、直接コードをカスタマイズしました。

これで更新は、二度手間にならずに済みます。

最後に

Webサイトっぽく自分の作品情報を見てもらえるような形を目指しています。

トップページのバージョンアップ第1弾でした。

まだ、追加したい要素もあるので、引き続きトップページのカスタマイズに取り組んで行きます。

OPENCAGE(オープンケージ)には、他にもブロガー向けWordpressテーマを販売しています。

関連記事

Mizucics Notesのトップページ



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。