新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の表紙制作、万華鏡風に展開させて完成!-創作日誌

新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の表紙万華鏡模様

2018年9月26日の創作日誌。

一文物語の新作手製本の表紙デザインを終えることができました。

中心となる万華鏡モチーフが完成し、万華鏡のように展開させて、表紙が完成しました。

完成万華鏡モチーフ

新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の表紙万華鏡モチーフ

今回は、観覧車のネオンを参考にしています。

この模様は、Photoshopで描いたデジタルペイント。

プリントまでPhotoshopで一貫作業しています。

新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の表紙万華鏡モチーフ光沢感あり

少し光っているようなイメージに画像加工しました。

新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の表紙万華鏡模様

一つの三角形を万華鏡の原理で展開させました。

展開させて初めて、完成した模様を見ることができます。

プリント用イメージ

新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の表紙プリントデータ

万華鏡のように展開させた模様を、表紙用のテンプレートにはめ込みました。

ディスプレイ上とプリント結果とでは、また印象が違ってくるとは思います。

テストプリントしてみて微調整して行きます。

今日は、ここまで。

出来上がりをお楽しみに!

本作の手製本は、2018年11月25(日)に開催される文学フリマで、販売する予定です。

手で実際に持って見ることのできる機会となります。

合わせて読みたい関連記事

新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」の表紙制作、万華鏡モチーフがようやく固まった-創作日誌

新作一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 中」本文用紙を切って、折って、穴あけしました!

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。