MENU
水輝亭ルーム
小説ルーム Novel Room
一文物語 One Sentence Story Room
ブログルーム Blog Room
素僕ルーム Naturally Room

プロフィール背景画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

Amazonタイムセールをついつい見に行って、自分に必要な物は何かと考え、見極める【素僕ライフログ】2020.7.25

Amazonタイムセールが26日までやっていて、ついつい欲しいものが安くなっていないか、Amazonを見に行ってしまった。

とは言っても、特段今今必要なものはなかったりする。あればいいかな、と思うくらいのもので、結局、なくても困らない。

ただ、先日買ったApple Watchの場合は、使い始めたことで気づくこともあった。

実際に物を持って初めて気づくこと、わかることもあったりする。

だからと言って、なんでも手に入れよう、というのも違う。

自分に必要な物とは何か。

自分の想像を広げてくれるものや気づき、成長させてくれるものだと思う。本当に生活を豊かにしてくれたりするもの。

しっかり見極める必要はある。ないなら、ないなりに、別の物で代用できれば、それはそれで幸せだと思う。

ただ欲しいという欲求だけを満たすためだけに、ものを手に入れることはよくないと思っている。

目次

体調

2020年7月25日Apple Watchのアクティビティ

赤(ムーブ):消費アクティブカロリー
緑(エクササイズ):早歩き以上の運動を行った時間
青(スタンド):1日の12時間の中で1時間当たり1分以上立つ

睡眠:1:00就寝~8:00起床

運動:腰トレ、HIIT

1日休んだ後の筋トレは、とても調子がいい。体が休まっているのか、しっかり体が動いて良い。

執筆・ブログ・創作

ライフログ記事とは別に、私がブログ記事を公開するまでにやっていることや流れについての記事を書いた。

ライフログと一文物語も更新した。

あわせて読みたい
私がブログ記事を書き上げるまでの流れ・やり方!手書きでアナログ、執筆ソフトで下書き執筆!
私がブログ記事を書き上げるまでの流れ・やり方!手書きでアナログ、執筆ソフトで下書き執筆!いろいろ書き方を変えて、今の形に落ち着いているブログの執筆方法。題材を決めるノートで1記事分の構成を書くパソコンアプリで、下書きを書くWordPressに文章をコピペ...
あわせて読みたい
新しいメガネを受け取りにいき、仕事や勉強の集中力を高める方法は、パワーポーズをすることを学んだ新...
新しいメガネを受け取りにいき、仕事や勉強の集中力を高める方法は、パワーポーズをすることを学んだ新...先週JINSで作ったメガネを、受け取りに行ってきた。乱視が強いため、その日に作って持ち帰れない。どこのメガネ屋さんでも同じこと。無事、でき上がったメガネのかけ心...
あわせて読みたい
一文物語弐天零[2.007]/一連文物語サボテンデイズ
一文物語弐天零[2.007]/一連文物語サボテンデイズ【一文物語2.0 2020年7月】一連文物語 サボテンデイズ本作は、一文で完結しつつ、続きもののように読める一文物語彼女が仕事から帰ってくると、観葉植物たちが部屋から...

Notionに登録した本

1日1冊、所持している本をNotionにデータとして登録する作業

水の歴史 (「知の再発見」双書163) 著:ジャン・マトリコン

水の歴史 (「知の再発見」双書163)の表紙

小説を書く際に読んだ水に関する資料。

読書

精神科医が教えるストレスフリー超大全 著:樺沢紫苑

精神科医が終えるストレスフリー超大全 著:樺沢紫苑 本の表紙

「仕事が覚えられない」の対処法の項を読んだ。

人間は、人の話を聞いているようで、ほとんど聞いていない。しかし、「頭に残る人」とそうでない人がいる。

「頭に残らない人」に限って、ほとんど聞いていない。言われたことをその場で、説明できない。

本物のインプットとは、脳の中に情報が入って(INする)、情報が置かれる(PUTする)。情報がインして、プットして、初めて「インプット」と言えます。

精神科医が教えるストレスフリー超大全 180ページ

覚えられなければ、メモをとればいい。

メモ、大事だ。

今日もありがとう

今日作った一文物語は、書き始めて、自分でも意外な展開になって、面白かった。ありがとう!

知り合いが作品展に出るとのことで、ご案内を知らせてくれた。ありがとう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる