物が増えると、脳内物データベースが増え、動きが悪くなる!物のエネルギーを受け取って捨てる!

ものがたくさんある部屋

先日、唐突に友人から手紙が送られてきました。

今や、スマホでいくらでも連絡のやりとりができるくらいなのに珍しく、ありがたいことです。

もちろん、書いてある内容や直筆による文章が送られてきて、読めるのは嬉しいです。

わざわざ時間をかけ、選びに選んだ便箋に、ペンを取って、書く。

とてもありがたいものいただけたと思うのです。

しかし、自分の中に、今後それを所有するのかと思うと、そんな手紙でさえせ、重く感じられたのです。

脳内の物データベース

紙か電子か、所有かミニマルか、手書きか印刷か論争ではありませんが、少し前まで、私自身、形あるものにこだわりを持っていました。

今現在は、そこまで物を保持しておきたい気持ちがあまりありません。

それもあって、物をもらうとそれを管理しなければならないつらさがあります。

もらった物を、どこにどう保管するかを考えなければなりません。そして、脳内の物データベースを更新し、それを維持する必要があります。

断捨離をして物が少なくなることで、脳が所有物のことを考えなくなり、とても頭が楽になります。

物データベースのデータ量が少なくなることで、私は身軽になることを知ってしまっています。

ただ、自ら欲しいと思った物なら喜んで保管し、不要になれば自分の一存で捨てられることができます

いざ、なにかをもらうと困る自分がいました。

食べて消えるものなら喜びます。

物のエネルギーを受け取って捨てる

手紙は、嬉しさもありつつ困ります。この直筆は、この世で唯一の言葉でつづられています。

しかし、手紙の本分は、読み伝えること。読み終われば、その役目は果たされています。

取っておくかどうかは、人それぞれの価値観でしょう。

こういう悩ましい時は、半年ないし1年したら、物質のエネルギーを完全にいただいたことにして、捨てます。

まとめ:自分にとって何が大事なのか知っておく

定期的に物の整理をして、不要になったものは捨てていきます。

あれもこれも大事というのはわかるけど、本当に大事なものがわかっていると、悩まずに済みます。

断捨離をした時、残ったものが、大切なモノだと気づけつました。

その経験があったから、今回、新たに気づくことができたと思います。

そういった意味でも、手紙を送られてきた機会に感謝します。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。