八王子特産パッションフルーツジャムは、爽やかな酸味と口の中に残らない甘さで、とても食べやすい!

八王子特産パッションフルーツジャム太陽の完熟果実

八王子が力を入れているパッションフルーツ。

そのパッションフルーツで作られたジャムをいただきました。

太陽の完熟果実、とだけあって、ジャムはきれいなオレンジ色。

味は、パッションフルーツ特有の酸味もありますが、そんなに強くなく、爽やかさを感じます。

ジャムの甘さも口に残らず、さっぱりして食べやすいジャムでした。

八王子特産パッションフルーツジャム

八王子特産パッションフルーツジャム太陽の完熟果実

しっかりとした瓶に入っていて、高級感を感じます。

八王子特産パッションフルーツジャムの瓶の中身

フタをあけると、爽やかなパッションフルーツの香りが広がってきました。

八王子特産パッションフルーツジャムをスプーンですくったところ

ジャムは、思ったよりサラサラしています。

八王子特産パッションフルーツジャムをパンにつけたところ

パンにぬって食べてみたら、酸味と甘みがちょうどよく、朝に食べるととても爽やかな気持ちになれます。

変に甘くなく、ほとんど口の中に甘さが残りません。

パンの消費が進みそうです。

まとめ

パッションフルーツの果実が苦手な方でも、ほどよい酸味と甘みになっているジャムはオススメです。

八王子の道の駅で販売しているそうです。

ただ、生産数が少ないため、少しお値段高めみたいです。

ぜひ、太陽の町、八王子のパッションフルーツで作られたジャムを食べてみてください。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。