八王子スポーツ整形外科で、ギックリ腰を診てもらい、リハビリで1ヶ月のトレーニングをして、腰の正しい姿勢が身につき、痛みはない!

八王子スポーツ整形外科Webサイトスクリーンショット

4ヶ月に1度は、ギックリ腰を起こしていた私。

2018年7月が始まってすぐ、過去最大のギックリ腰をやってしまいました。

ただ、ギックリ腰を何度もやっている私は、もう慣れてしまっています。

あぁ、またか、くらいな。数日、無理に動かなければ、普通に生活できてしまいます。

しかし、今回は2週間経っても、骨盤くらいの高さにある背骨の痛みが消えませんでした。

それで、知り合いに相談してみると、八王子スポーツ整形外科を勧めてくれました。

八王子スポーツ整形外科には、リハビリの指導が併設されている

八王子スポーツ整形外科Webサイトスクリーンショット

八王子スポーツ整形外科Webサイト

今まで、ギックリ腰で病院には行きませんでした。普通の整形外科では、経過観察で終わってしまうと思っていたからです。

そんな話を知り合いに伝えると、八王子スポーツ整形外科にはリハビリ、トレーニング指導をしてくれるというのです。

リハビリで、弱い筋力を鍛えたり、正しい姿勢を指導してくるとも言うのです。

それで、早速、予約を入れました。完全予約制で、電話をし、その際、詳しく症状等を聞かれます。

Webサイトにも書いてあります。

八王子スポーツ整形外科Webサイト初めての方のページ

初めての方へのページ

事前に話を聞いていた通り、とても混んでいて、予約が取れたのは2週間ほど先。

それでも、診てもらえればと、安静にしながら、初診の日を待ちました。

腰に負荷がかかっていることが判明

レントゲンで腰の辺りをバシバシ撮られました。

先生に診てもらうと、痛みを発する患部の椎間板が少し狭くなっていると言われました。

姿勢が悪く、そこに負荷がかかりすぎているとのことでした。

思い当たる節があり過ぎます。このまま対処しなければ、最悪は手術、歩けなくなることもあると言われました。

まだ、症状は初期段階。放っておかず、腰に負荷をかけない取り組みをして行けば、完治はせずとも、進行をゆっくり、もしくは止めることができるとのことでした。

そして、リハビリで、正しい腰の位置、腰を支える筋肉を支えるトレーニングをすることになりました。

下腹部と、お尻の筋肉の鍛える

リハビリの先生には、私は背中側の筋肉しか使っておらず、下腹部やお尻の筋肉が使えていないと指摘されました。

確かに筋トレをしたいとは思ってはいたものの、今、自分がおかれている状況がわからず、無闇に筋トレをするのが怖かったです。

こうして、先生の指導の元、ポイントを抑えたリハビリのトレーニングを毎日することになりました。

最初の数日は、メニューをこなすだけで、体がプルプルしてしまいました。

しかし、日を追うごとに、使えていなかった筋肉がだんだんと使えてくる実感があり、腰の負荷が軽減されていくためか、ほとんど痛みを感じることはありません。

まとめ

1ヶ月後の診察で、トレーニングの成果を先生に伝えると、経過は順調とのことです。

少なくとも3ヶ月は、続けて、姿勢をしっかり保ち、筋肉を上手く使えるようにしていくよう言われました。

プロから正しいトレーニングを受けたことで、自分の体の使い方も変わり、また動くのが楽しみなりました。

まずは腰を中心に、体も大事にしながら、生活していきます。

八王子スポーツ整形外科Webサイトへ

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。