「博物ふぇすてぃばる!5」は、幅広く興味を持つきっかけをもらえるイベント!高枝鋏さんの潜水図録を入手!

博物ふぇすてぃばる!5の入手アイテム

2018年7月21日・22日に開催された「博物ふぇすてぃばる! 5」を見て来ました。

好きな作家さんが出店されるということで、私は二日目に見にいきました。

想像以上に盛り上がっていたイベントに、全エリアを最初から最後まで楽しみながら見て回ることができました。

その博物ふぇすと手に入れた品物をご紹介します。

博物ふぇすてぃばる! 5

博物ふぇすてぃばる!5の会場科学技術館

日本武道館の隣に位置する科学技術館。

博物ふぇすてぃばるは、「博物」をテーマにすえて、科学、自然科学、考古学、天文学、古生物学、民俗学、歴史学など、博物学ゆかりの題材からなる創作、展示、研究を販売・発表できるイベントです。

2014年に始まり、今年で5回目。

会場に入るなり、とても多くのお客さんがいらしてました。すごく暑い日にもかかわらず、その熱気を超えるくらいに、出店者さんとお客さんで盛り上がっていました。

A〜Gと7つもエリアがあり、以前よりもかなり出店数が増えていることでした。

さまざまな生き物や苔、カエル、石、宇宙などなどのイラストや標本、そのグッズ、アクセサリー、フィギュアなどと凄まじいブース展開でした。

一つ一つは、かなりコアで、みんなその道に詳しい人ばかりで、ある意味好き者。好きのパワーが半端なかったです!

高枝鋏さんの潜水図録1・2

博物ふぇすてぃばる!5で購入した高枝鋏さんの潜水図録1・2

以前から、作風が好きな作家の高枝鋏さんの絵は、とにかく点と線で細かく描かれているところがとても魅力的です。

潜水図録1は、伊豆の海に実際に潜って、出会った生き物が白黒で描かれています。まさしく図鑑にあるような手書きのタッチで描かれています。

潜水図録2は、今回の新作。フィリピンにある島の海の生物がカラーで、細かく描写されています。たくさんの種類の海の生き物が、解説とともに載っています。

クラゲの缶バッチも可愛かったので、購入しちゃいました。

以前、博物ふぇすに出られた際は、蝶のシール。こちらも点と線に色が乗っており、見応えのあるものとなっています。

気になる展示情報

博物ふぇすてぃばる!5で配布されていたポストカード

ボクらのうみ展3

海に関するブースを中心に見ていて、「ボクらのうみ展」なるポストカードを発見。

どんな展示なのかは、わからないままポストカードをいただいて来ました。

開催日程は、少し先の2018年9月15日〜23日。見に行って見たいと思います。

繁田穂波さんのfirst solo exhibition

様々な線と色を多用して描かれた印象的なサメの絵を見入っていて、ポストカードをいただいた。

気になるので、また作品を間近で見てみたいと思います。

開催日程:2018年9月1〜9日

Webサイト:SHIGETA HONAMI

まとめ

博物ふぇすと聞いて、もっと実験的な、研究テーマの発表の場を想像していたら、グッズの展開もあったりと、幅広く興味の持てるイベントでした。

子供の夏休みの研究や、いろんなもの一気に触れるいい機会になる場だと感じました。

また、来年の夏に開催が予定されているので、足を運んでみたいです。

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。