漫画「監督不行届」著:安野モヨコ を読んで、自分の常識を破壊してくれた!

漫画「監督不行届」著:安野モヨコ 電子書籍表紙
Amazon Kindleセール中!

【2ヶ月99円】「Kindle Unlimited キャンペーン」表示されたユーザーのみ(終了日不明)

【最大50%ポイント還元】「Kindle本冬のキャンペーン」対象4万冊以上(12/15まで)

【30%OFF】「講談社現代新書 2022年ベストセレクション」(12/15まで)

【最大50%OFF】「今年最後のチャンス!理工系専門書フェア」(12/15まで)

【最大30%OFF】「年末恒例!講談社の傑作ミステリフェア」(12/15まで)

【最大50%OFF】「講談社文庫配信1万冊突破記念 爆発的な想像力!SF・ファンタジー小説フェア」(12/15まで)

Amazon オーディオブック「Audible」

【2ヶ月無料&100ポイント贈呈】Amazonオーディオブック「Audible」の2ヶ月無料キャンペーン(12/26まで)

自分の常識を破壊してくれた。上には上がいる。

しかし、なぜか上には行かない自分がいた。「常識」という理性がストッパーになっているからだ。

そのストッパーを破壊してくれた本作、漫画「監督不行届」だ。

目次

庵野秀明監督

監督とは、庵野あんの秀明監督である。アニメ「エヴァンゲリオン」や映画「シン・ゴジラ」「シン・ウルトラマン」を作った人だ。

庵野監督と同居する本作の著者、漫画家の安野モヨコさん。彼女の視点から庵野監督との私生活を描いた漫画。

庵野監督のオタク愛オタク度が超ド級に描かれている。

私は「エヴァ」を通して庵野監督の存在を知る。あの「エヴァ」、日本に社会ブームを起こしたあの「エヴァ」を作ってしまった人だ。監督の頭の中を知りたい、近づきたいと思うほどだ。

オタク愛

この漫画に描かれている監督のオタクぶりは、きっと誇張ではないように感じられた。

日本のオタク四天王」と漫画では表現されているくらいだ。それぐらいでなければ、超人的な、いや人知を超越するような作品は作れないのかもしれない。

だが、そのオタクぶりに自分のもつ常識が壊された。

誰にかまうことなく、「好き」をつきつめていいのだと思えた。

いや、今までにも何度も「好き」につき向かったことだろう。それでも、どこかで「好き」の度合いをとどめてしまっている。

自分の心に従って進め!

漫画「監督不行届」の監督を見て、「好き」の制限を破っていいんだと感じられた。

「好き」をトコトン極めていく人を見て、突き抜けていいのだと思えた。自分の「好き」は、たいしたことないと。誰かとそれを比較するものではないと思うけど。

でも、本人にしたら、極めたり、突き抜けようとしてやっているわけではないはず。

ただ真っ直ぐに、自分の心に従って進んでいるだけなのだと思う。

自分もそうしたいと思う。

最初は意識してしまうだろう。極めようと、突き抜けようと……。

そう思っている限りは、いつになっても突き抜けたりはしない。ただただ「好き」でやり続けていけばいいだけだ。

「自分の限界は、自分で決めている」というが、おそらくその通りだ。自分の「好き」に対して、常識に対して、自分でその範囲を決めてしまっている。漫画「監督不行届」を読んで思えた。

まとめ

漫画「監督不行届」は、監督のオタク度合いだけでなく、作品や監督のドキュメンタリーからは見ることのできなかった監督の一面を知ることができた。

それが自分の常識や制限を崩してくれた。わがままになろう、というんじゃない。

自分の行動範囲を広げたり、物事を表面だけでなくより深く奥へと掘り下げる原動力になった。

最後に。庵野監督のおちゃめで乙女な部分も知れた素敵な漫画だった。

著:安野モヨコ
¥770 (2022/10/30 17:33時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
シン・エヴァンゲリオンを見て、「簡単に」生きようとしていた。「悩み」ながら生きよう。 新劇場版「シン・エヴァンゲリオン」を見て、これまでの人生観をふりかえる。 【エヴァンゲリオンとの出会い】 初めてエヴァンゲリオンを見たのは、中学3年の夏。高校の...
あわせて読みたい
エヴァンゲリヲンと日本刀展+EVANGELION ARTWORK SELECTION を見てきた! 2019年8月31日〜9月9日まで、新宿髙島屋で開催されていた「エヴァンゲリヲンと日本刀展」を見てきました。 今回は、「+ ARTWORK SELECTION」原画展も併設された展示で...
漫画「監督不行届」著:安野モヨコ 電子書籍表紙

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次