小説「金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件<金田一耕助ファイル>」著:横溝正史

小説「金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件<金田一耕助ファイル>」著:横溝正史 Kindle表紙
Amazon Kindleセール中!

【2ヶ月99円】「Kindle Unlimited キャンペーン」表示されたユーザーのみ(終了日不明)

【最大50%ポイント還元】「Kindle本冬のキャンペーン」対象4万冊以上(12/15まで)

【30%OFF】「講談社現代新書 2022年ベストセレクション」(12/15まで)

【最大50%OFF】「今年最後のチャンス!理工系専門書フェア」(12/15まで)

【最大30%OFF】「年末恒例!講談社の傑作ミステリフェア」(12/15まで)

【最大50%OFF】「講談社文庫配信1万冊突破記念 爆発的な想像力!SF・ファンタジー小説フェア」(12/15まで)

Amazon オーディオブック「Audible」

【2ヶ月無料&100ポイント贈呈】Amazonオーディオブック「Audible」の2ヶ月無料キャンペーン(12/26まで)

今まで読んだこのない書き視点で戸惑った。世界観に入りこむのに時間もかかった。

作家視点で描かれているのか?

途中まで誰の視点なのかわからず読み進めていた。

でも、事件がはじまって、「金田一耕助」が登場してくるあたりでやっと内容に集中できるようになった。

最後まで読み終えて、まさに推理小説ミステリー小説でおもしろい小説だった。

文章ひとつひとつに仕掛け、読者との駆け引きがしっかり設定されている。

金田一耕助の謎解きも新鮮だった「金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件」の感想。

目次

本陣殺人事件

この「本陣殺人事件」が、金田一耕助が本作に初登場する事件。つまり金田一耕助シリーズの最初の話だ。

金田一シリーズといえば、「八つ墓村」「犬神家の一族」「獄門島」あたりは有名だ。ドラマを見ていたりする。

だから、金田一耕助のイメージは完全に古谷一行さんだ。そのイメージがありつつ、最初の事件である「本陣殺人事件」を読むのは新鮮だった。

なにせ、金田一耕助は25歳前後の若さなのだ。

ドラマだともう少し大人な印象を受ける。

よく走っているイメージも多いのだが、私だけか? 小説だとそんな活発な印象はない。

むしろ、病弱とまでは言わないものの、少し頼りなく弱々しさすら感じられる。

でも、謎を考える姿や謎解きをしているイキイキさは、とても生命力を感じられた。

この「本陣殺人事件」は中編くらいのボリューム。それでもかなりもりもりの情報量で展開も多い。

しっかりと作り込まれていた推理小説で、最後はいっきにおもしろさに飲みこまれた。

車井戸はなぜ軋る

金田一耕助がほとんど登場しない話だった。もちろん事件は語られる。しかし、金田一は事件を解くわけでもない。

この話の大半は手紙で語られている。真相も手紙の中で明らかにされている。

あまり見ない表現。手紙だからといって、うわべだけの話で終わってはいない。

文面からもミステリー小説として読者がアレコレ推理できるように、物事がうまく提示される文章で構成されている。

さらに手紙として形も整っているのである。

舞台は戦時中の片田舎。疎開先のような場所でもあった。

大人の男性が戦地へ行き、帰ってくる下りがある。今では考えられない緊張感や家族の気持ちが読み取れる。

本作の見所、キーポイントも戦争へ行く自分にあったりして、その時代の世相を上手く使った物語になっていた。

また、作中に「獄門島」という単語が出てくる。金田一シリーズにある作品でもあり、時系列の一端に触れる瞬間でもあった。

最後に。手紙を使った構成にドキドキハラハラさせられたエピソードで、おもしろい話だった。

黒猫亭事件

掘り起こされた遺体。それは顔の判別がもうつかない状態であった。

この首なし事件を金田一耕助は、作者に宛てて手紙を送る。まるで「金田一耕助」が実在しているのかのようである。

そして、作者がその手紙をもとに小説に書き起こしている構成。とても面白い作りになっている。

それでいて、読者を意識したミステリー小説に仕立ててもいる。

まとめ

初めて「金田一耕助」シリーズの1巻を読んで、1周回ってミステリー小説の新鮮さを味わえた

主人公「金田一耕助」が若いというのもある。もっと落ち着いて寡黙な印象を抱いていた(ドラマの影響)。小説では、興味あることには好奇心旺盛で、よくしゃべる。

今まで思っていた「金田一耕助」のイメージが上書きされて、とても良い機会となった。

また、作品のつくり、「金田一耕助」から情報を得て小説を書く体裁も新鮮だった。

他の有名作品「獄門島」「八つ墓村」などの原作小説も読んでみたくなった。

小説「金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件<金田一耕助ファイル>」著:横溝正史 Kindle表紙

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次