「星の王子さま」by サン=テグジュペリ を読んで、ものごとの見方を気づかせてくれる不思議な物語!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Amazon Kindleセール中!

【最大50%OFF】KADOKAWA 2021秋アニメフェア(10/21まで)

【最大70%OFF】Kindle本ストア 9周年キャンペーン(10/28まで)

【3ヶ月199円】「Kindle Unlimited」が3ヶ月199円にキャンペーン(10/28まで)

タイトルは昔から知っていた「星の王子さま」。

今まで読んで来なかった。タイトルや表紙の雰囲気からして、子供向けの物語だと思っていました。

読んでみると、大人でもものごとの見方や人生について、考えさせらる内容でした。

今の自分を見つめ直せ、視野を広げろ、と言われているようで、でも優しく不思議な物語でした。

印象的だった部分や考えさせられたところをご紹介します。

目次

物語

砂漠に不時着した飛行機を操縦していた青年が、突如、現れた星の王子さまとお話をしていく。

王子さまは、そこに来るまでに、さまざまなところを訪れていて、その話を青年に聞かせます。

青年と王子さまは、話を通して、互いを知り、仲を深めていく中で「人や物」に気づかされていく物語。

とてもわかりやすい文章で、読みやすかったです。挿絵もあるので、より世界観もつかみやすく、ほっこりとさせられます。

1本のバラとどこにでもあるたくさんのバラ

王子さまは、星で1本のバラを大切に育てていました。

ひとくせある性格のバラでしたが、長い時間をかけてずっと大切に育てていました。

王子さまが地球に来て、ある庭を訪れるとたくさんのバラが咲いていることに驚きます。

王子さまは、宇宙でたった1本しかないバラを持っていると、有頂天になっていたことに気づきます。

私は、ここに自分が特別だとか、優れているという思い込むのは良くないと感じられました。

とはいえ、人は誰しも唯一で、その人はその一人しかいません。

そこを考えさせられます。

ものごとはハートで見る

ものごとはハートで見なくちゃいけない、っていうことなんだ。大切なことは、目に見えないからね

君がバラのために使った時間が長ければ長いほど、バラは君にとって大切な存在になるんだ

王子さまがきつねとの別れ際に言われた内容が、とても印象深かったです。

自分にとって大切にして来たもの、または人との関係性において、どう考えるかを示している内容だと思えました。

前述した王子さまの1本のバラは、たくさんあるバラに過ぎなかったかもしれません。

しかし、王子さまが愛情を込めて育てたバラはその1本しかなく、バラはバラでも王子さまにとっては、そのバラ1本しか存在していません。

ものごとをどう見て、感じるかを教えられます。

まとめ

王子さまが経験した話を青年とともに、私自身が聞かされているかのような思いになる本でした。

青年の気づきは、そのまま私自身の気づきともなり、深く考えさせられました。ものごとをどう見るか、今一度、改める機会にもなりました。

バラの話以外にもたくさんのエピソードがあり、どれをとっても誰もが何かしらの気づきを得られる内容です。

昔から読み継がれている本だけあって、一度だけではすべてを理解できるものではない深い内容でした。

何度も読むたびに、新しい発見が得られる不思議な本。オススメです。

著:サン=テグジュペリ, 翻訳:浅岡 夢二
¥55 (2021/10/18 07:26時点 | Amazon調べ)

本書は、Amazon Prime Readingで無料で読めます。Amazonプライム会員であれば、誰でも無料で読むことができます。

もし、まだAmazonプライム会員でなければ、この機会にこちらから登録どうぞ。

あわせて読みたい
ピノッキオの冒険(著カルロ・コッローディ)原作小説は、現代社会をも風刺しているようにも読める深い... ピノキオといえば、誰でも知っている童話。その原作小説「ピノッキオの冒険」を読みました。 大人が読んでもすごく面白かったです。もちろん文章は、子供向けとして書か...

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる