モブログで、WordPressの記事を更新するなら、iPhoneアプリ「PressSync」が使いやすい!

mobile device

モブログを始めるにあたり、Wordpressの記事を更新できるアプリを試してみました。

この記事もテキストをモバイルで作成して、最後にアプリ紹介リンクや細かいところをパソコンで作成しました。

先人たちの知恵を覗かせてもらうと、いくつかのアプリがピックアップされていたので、それにならい、私が使ってみた感触をご紹介します。

するぷろ

有名アプリ。立ち上げると、すぐに入力が開始できてシンプル。また、HTMLでガシガシ入力したい人向け。

シンプル過ぎて、使い方に戸惑いました。

いっきに記事を仕上げる人には、向いていると思いますが、何度も保存などを繰り返していく私には、少々使いづらく合わないことがわかりました。

SLPRO X

するぷろ X for WordPress & MT
するぷろ X for WordPress & MT
Developer: Gachatech
Price: ¥1,600

するぷろをゼロから作り直したするぷろの新しいアプリ。

ただ、このモバイルアプリにしてはお値段がとても良いので、まだ手を出せていません。それだけ優れているのだろうか。

紹介記事を見ていたりすると、良さそうに思います。他のアプリを試してからでもいいかと思ったので、ここでは名前だけ紹介。

PressSync

PressSync - for WordPress
PressSync - for WordPress
Developer: Hiroaki Hayase
Price: Free

記事の作成から、Wordpress の設定まで幅広く行えるアプリ。

作り中の記事をサーバーに下書き保存だけでなく、端末にローカル保存できます。

何度も保存作業をする心配性な私には合っています。実際、今もこの記事をPressSyncで入力しています。

データベースを汚さずに済みそう。

また、アイキャッチ画像の設定や、カスタムフィールドの設定も可能です。HTMLやマークダウンの入力支援機能もあり、機能が充実しているアプリ。

WordPress 公式

WordPress
WordPress
Developer: Automattic
Price: Free

公式が出しているアプリだけあって、ブラウザアクセスに近い感覚で記事を更新できます。

公式アプリのいいところは、過去作成した記事を全部探せること。昔に遡って記事を見つけたい時は良いです。

また、ブラウザログインで更新している感覚で入力できるので、HTMLがわからない人でも使えます。

WordPress 全体の設定や固定ページなども幅広く行えるのは、公式ならでは。

ブラウザログイン

すべての機能にアクセスできるのは、ブラウザからログインするほかないみたいです。

記事を作成するだけなら、今までに上げてきたアプリを使った方が楽です。

ログインしてじゃないと使用出来ないことがあれば、ログインしてという感じになります。

まとめ

私が使いやすいと思ったのは、

  • PressSync
  • WordPress 公式

何をするかによって、アプリを変えていく必要があるなと感じました。

画像のアップロードや下書き保存などをしてみて、コードの挙動などを見ながらやっていたら、3日ほどかかってしまいました。

パソコンからしか更新していなかったので、いろいろと慣れが必要だということがわかりました。

最終的には、ブラウザからログインして、細かいところに触れてからアップする流れになりそうです。

少しずつモブログ更新していきます。

合わせて読みたい関連記事

mobile device



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。