小説「鞄の中身」著:吉行淳之介を読んで、男女の気持ちの思惑や、悩ませられる締めくくりが、決してイヤじゃない!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Amazon Kindleセール中!

【最大50%OFF】KADOKAWA 2021秋アニメフェア(10/21まで)

【最大70%OFF】Kindle本ストア 9周年キャンペーン(10/28まで)

【3ヶ月199円】「Kindle Unlimited」が3ヶ月199円にキャンペーン(10/28まで)

短編小説集「鞄の中身」を読みました。

大人の女と男の恋愛関係が如実に描かれた19作品。

恋愛といっても、キュンキュンするようなものではありません。

大人のしとやかで、冷酷さもふくむ複雑な気持ちがおりまざった内容が多かったです。

切り口は、どれも日常でなさそうでもあり、経験しそうな気持ちの揺れが読みとれます。

どの作品も強烈なオチがあるわけではありません。

「これはナニを言っているのか」と、よくわからない締めくくりの作品も多かったです。

締めくくりもなく、そこで文章がただ終わって、物語自体は、勝手につづいていくようにすら思える作品もありました。

だからといって、作品の印象が薄いわけではありません。

短編という短時間の人間模様が、しっかり頭に焼きついてもいます。

人の風貌から、住んでいる家や風景がはっきりと見ているかのように、読めてしまう。

表層から見ることのできない人の内面をダイレクトに読みとらされているようにも感じました。

印象に残る、よくわからないけど考えてしまう深みのある作品ばかりでした。

  • 風呂焚く男
  • 錆びた海
  • 埋葬
  • 曲がった背中
  • 紺色の実

私にとって、上記の5作は読み終えて、特に引きこまれたり、悩まされた短編でした。

単純に「おもしろい」という作品よりは、考えることがおもしろい作品集のように思えました。

男女の気持ちの思惑や考えさせ、悩ませられる締めくくりが、決してイヤじゃない。

それらもひっくるめて、楽しめた短編小説集でした。

著者の小説家吉行淳之介さんの作品に初めて触れるなら、本書「鞄の中身」がオススメです。

作品の雰囲気や作家の視点もわかり、吉行淳之介さんのほかの作品も読んでみたくなりました。

著:吉行淳之介
¥1,353 (2021/10/05 10:39時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
小説「舞姫」著:森鴎外 訳:井上靖 を読んで、時代背景を想像し、現代と変わりなく、揺れ動く人の心を... 小説「舞姫」を読みました。 筑摩書房から発売されていた本で、現代語訳と原文、解説が一つになった文庫版で読みました。 今になって読んだきっかけは、友人との課題読...
あわせて読みたい
小説「雪国」著:川端康成 を読んで、大人の男女を美しい日本語で描き、文章を味う深い小説! トンネルを抜けた先の「雪国」の世界を知った。 川端康成の小説「雪国」を読みました。 タイトルと冒頭の一文は知っていましたが、そこから先のお話は、まったく知りま...

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる