一文物語365 新作手製本はん・ぶんこ2017年の中巻本文確認用のカットと穴あけ制作!

一文物語365 2017年5月から8月確認用冊子

昨日に引き続き、新作はん・ぶんこの本文確認用冊子づくり。

今回は、A4用紙にプリントした本文用紙をA6サイズまでのカットと、糸を通すための穴あけの工程です。

用紙のカットには、いままでスライドカッターを使用していましたが、今回から自作した道具を使用していきます。

目次

本文用紙のカット

A4 → A5

一文物語365 2017年5月から8月確認本文用紙カット

プリントアウトしたA4用紙を自作した裁断道具にセットします。

定規をA4の半分に当たるストッパーに合わせます。ちょうど写真の状態。

ここで、カットすると、A4の半分A5になります。

厳密には、297mmの半分なので、148.5mmです。

A5 → A6

一文物語365 2017年5月から8月確認本文用紙カット

A5サイズになったものをさらに半分にします。

裁断道具の左側に定規をセットします。
細い木のストッパーがあるので、そこに定規をあわせます。

カットすると、A6サイズになり、これでA4が四分の一になりました。

穴あけ

一文物語365 2017年5月から8月確認本文用紙穴あけ

A6になった紙の中央に4つ穴を空けます。

穴の空いた透明な樹脂板を使って、穴を空けていきます。

裁断道具のカッターマットをコルクシートに変更して、細い針で紙を貫通させていきます。

一文物語365 2017年5月から8月確認本文用紙穴あけ

折ってA7サイズへ

一文物語365 2017年5月から8月確認本文用紙折り

穴の空いたA6サイズの本文用紙を一枚一枚半分に折ります。
そうすると、穴の空いた箇所が背になります。ここに糸を通していくことになります。

そして、4枚を内側に重ね入れるようにして、冊子にします。

冊子1つで16ページ分になります。

一文物語365 2017年5月から8月確認本文用紙冊子

今は、5冊子しかありませんが、最終的には8冊の冊子ができあがり、全部で128ページの本となります。

次は、糸でかがる工程です。

今回は、ここまで。

一文物語365 2017年5月から8月確認用冊子




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。