手製本「一文物語365 天」本文確認用糸かがりと校正

一文物語365 2017年5月から8月確認用紙校正

新作はん・ぶんこの本文確認用作りです。

前回までは、A7サイズの冊子を作るところまで、行いました。

今回は、糸でかがる作業と、校正というほどではありませんが、本文の見直しです。

目次

糸かがり

一文物語365 2017年5月から8月確認用糸かがり

一つ前の工程で、A7サイズにした冊子。背になる部分に穴も開けています。
糸をかがるのは、先の尖っていない針と糸1本で行います。

一文物語365 2017年5月から8月確認用糸かがり

1つ目の冊子に糸を通します。布を縫うように紙を縫っていきます。

一文物語365 2017年5月から8月確認用糸かがり

全冊子をかがり終わりました。

糸をかがる工程は、飛ばしていますが、やってみたいという方がいたり、機会があればワークショップをやってみたいですね。

一文物語365 2017年5月から8月確認用糸かがり

背に、糸目ができています。本番では、これがきれいに背にでてきます。
糸を余らせているのは、もう3冊、冊子を付け加えるのでその分の糸になります。

本文見直し

一文物語365 2017年5月から8月確認用校正

本文の誤字脱字や挿絵のサイズや位置を調整します。

デバイスで見るより、紙で見ると、なぜだか誤字脱字がよく分かるんです。

手製本はん・ぶんこInDesginテンプレート画像配置

確認用冊子から、もう一度InDesignに戻り、本文データを修正します。

本文用のテキスト・エディターやFilemakerにも修正を加えて、確認終了です。

このあとは、本番用紙へのプリントとなります。

本文のプリントアウトを進めるとともに、表紙づくりも進めていきます。

今作の表紙は、どんなものになるか、お楽しみに!

一文物語365 2017年5月から8月確認用紙校正



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。