新作手製本「一文物語365 舞」の制作、本文チェックをしてInDesginに修正を反映。

糸かがり手製本一文物語365舞の確認用冊子とInDesignデータ

新作の手製本はん・ぶんこ制作。

確認用冊子を見ながら、本文の誤字脱字や挿絵の位置、色の濃さなどをチェックしました。

糸かがり手製本一文物語365舞の確認用冊子と赤ペン 糸かがり手製本一文物語365舞の本文InDesignレイアウト

InDesignに修正を反映させました。
データ上ではページが左右逆になっています。これはプリントした用紙を切って折るため、レイアウトを計算した配置となっています。

糸かがり手製本一文物語365舞の本番用紙へのプリント

本番の用紙に1部プリントアウトしました。
使用している用紙は、クリーム色の書籍用紙。
淡クリームキンマリという種類の紙です。

糸かがり手製本一文物語365舞の本番用紙へのプリント

パッと見、良さそうです!

今日はここまで

この本番用紙を実際のサイズに仕立てて、最終チェックを行います。

そろそろ表紙のデザインも進めていきたいと思います。

糸かがり手製本一文物語365舞の確認用冊子とInDesignデータ



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。