糸かがり手製本はん・ぶんこが3冊入る箱作り。本番用紙にプリントして当てがったら不穏な雰囲気の箱になってしまった。-創作日誌

糸かがり手製本はん・ぶんこ3冊収納BOXの出来上がりイメージ

来月3月に開催される「Book Lovers」というイベントで、手製本を展示させていただきます。

その出店作品の制作を進めています。今回は、手製本3冊を一つの箱に入れて、1セットにして展示してみようと思います。

外装のデザインとテストプリントまでできましたので、本番用紙へのプリントです。

その前に、本番用紙に切り抜き線をプリントすることはできないので、切り抜くための型を作ります。

糸かがり手製本はん・ぶんこ3冊収納BOXの外装展開図

これが型です。左右の耳のところが、型を置くガイドになります。
どういうことかというと、プリントした本番用紙を見てもらうとわかります。

糸かがり手製本はん・ぶんこ3冊収納BOXの外装用紙

本番用紙にプリントしました。左右の線のところに型を置く目印をプリントしています。

本番用紙の上に型を置いたところです。
これで、鉛筆で切り抜くための線を書き込みます。鉛筆なので、あとで余分な線を消すことができます。

糸かがり手製本はん・ぶんこ3冊収納BOXの外装用紙切り取り線

切り抜き線を書きました。

糸かがり手製本はん・ぶんこ3冊収納BOXの外装展開図

切り抜くとこんな感じに。箱に貼ったら、どんな感じになるのかワクワク!

糸かがり手製本はん・ぶんこ3冊収納BOXの外装用紙のタイトル

ちなみに、紙の表面は凹凸がある紙を使用しています。
触るとその凹凸も感じることができます。

糸かがり手製本はん・ぶんこ3冊収納BOXの出来上がりイメージ

箱に当てがってみました。

どうでしょうか……。私の印象は、骨壷を入れる袋か! と思ってしまいました。白が映えすぎでしょうか。

タイトルの字も白に黒字、明朝体が功を奏して、葬送するための箱にしか見えない。

ということで、紙の色を変更したいと思います。

少しクリームがかった色がいいかな。紙の枚数が足りないため、買ってきます。

今日はここまで。

出来上がりをお楽しみに!

展示のイベント「Book Lovers」の詳細は、こちらから。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。