Pinocchio展の小説手製本の制作-糸かがり作業と表紙を糊で閉じて完成!

Pinocchio展に出展する小説手製本の糸かがり道具一覧

9月12日から開催されるPinocchio展に出す、手製本作りも最終工程へ。

表紙から本文、裏表紙を糸でかがり、一冊の本へと仕立てていきます。

その後、表紙と裏表紙の内側を糊で貼って、プレスします。糊が乾けば、完成です。

その流れをご紹介します。

糸かがり

Pinocchio展に出展する小説手製本の糸かがり道具一覧

糸は、シンプルに黒を選びました。

道具は、手芸をするかのごとく、家にあるものでできてしまいます。

Pinocchio展に出展する小説手製本の糸かがり作業

過去に私が作った手製本は、糸1本で仕立てるやり方をしていましたが、今回は軸をとるやり方にしています。

Pinocchio展に出展する小説手製本の糸かがり作業

表紙から本文、裏表紙までをかがり終えました。

Pinocchio展に出展する小説手製本の糸かがり終えた背表紙

背表紙をつけないスタイルの本です。

背表紙がないので、タイトルを本文の背に分割してプリントし、重ねると浮き出るようにしています。

このスタイルの利点は、どのページでも180度、平らに開きます。

糊付け

Pinocchio展に出展する小説手製本の糸かがり終えた表紙の内側

表紙と裏表紙の内側を糊付けしていきます。

かがっていた糸の端は、全て表紙と裏表紙の内側に挟み込まれます。

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙の内側を糊付け

糊は、毎回手作りしているのりボンド

フエキ糊と水、ボンドを混ぜ合わせたものです。

糊を塗った直後なら、貼り直しもきく、伸びのある糊です。

ただ、今回、何回かテストをして、少し水分を少なくしました。

今回使用した紙が、水分を吸うので、調整しました。その加減も、自由にできる扱いやすいのりボンドです。

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙の内側を糊付け

しっかりプレスして、糊が乾燥すれば、完成となります!

まとめ

執筆から手製本のできあがりまで、約2ヶ月。

やっと形にすることができました。

多くの方に読んでもらいたいです!

本作は、9月12日(水)から開催されるPinocchio展に出展いたします!

ぜひ、見にいらしてください!

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。