MENU
水輝亭ルーム
小説ルーム Novel Room
一文物語 One Sentence Story Room
ブログルーム Blog Room
素僕ルーム Naturally Room

プロフィール背景画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

写真を撮って、読書を習慣にする!

読み進めたい本が3冊あります。しかし、なかなか読み進められません。

時間ができたら読む、ではいつになるのか不明です。

できれば、毎日読みたい。読んだ記録をつけて公表するのはどうかと思いつきました。

読んだら、挟んだ栞の位置を写真に撮り、それをTwitterにアップする。

なんだかんだ毎日続いています!

目次

1ページでも、1行でも、1文字でもイイ!

そのかわり毎日読みます。1文字でもいいなら、本を開いて1秒くらいでできます。

さすがに1文字では、内容もわからないので、1行くらい読んでしまうんじゃないでしょうか。

そしたら、次の1行も……と続けば、1ページくらい読んでしまっている私でした。

1文字でも読んだら、読んだと決めて、それを続けていると、毎日読んだことになります。

いずれ、そのも本も読み終わります。

読み終わったら、栞の位置を写真に撮って公開する!

読み終わったら、栞の位置を写真に撮ります。

本の栞の位置

これが続くと、栞の位置が先へ進んでいきます。

本の栞の位置

1日2日、1ページ2ページくらいだと、なかなか読み進めている実感がわかりません。

でも、毎日、写真を撮っていると、写真を撮ること自体も習慣化し、まずは本を読むという行為につながってきます。

できれば、何ページ読んだのかと、撮った写真をTwitterなどに公開します。

すると、周囲の目もあって読書しようという気持ちも強くなります。

そして、読んだ内容も少し書いておくと、読んだ内容も記憶に定着しやすくなりますね。

まとめ

読書を習慣化するには、1文字でも、1行でも、1ページでも読んだら、読んだことにします。

そして、読んだあとに、栞の位置を写真に撮ってネットなどに公開します。

とても小さなことではありますが、毎日の記録が、習慣化の一歩になります。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる